主催 専修大学上平研究室
デザイン思考“以後”と、クリエイティビティの行方

21世紀に入って広まった「デザイン思考」という言葉は、社会の多くの領域に影響をあたえました。これまでデザインがあまり重視されてこなかった領域や組織の人々にも、創造的な問題解決の可能性を広げた功績は大きいといえるでしょう。

 しかしながら、ふりかえってみて日本の社会において期待されたような進展があったかと問われれば疑問が残ります。近年、多数のデザイン関連書籍が出版され、知識は簡単に入手できるようになり、失敗の少ないデザインの方法を試すことは容易になりました。その一方で、デザインという行為は形式知のみで構成されているわけではなく、視野を拡げて俯瞰してみると、あちこちに「語られにくい問い」や「見落とされている視点」が存在しているように思われます

 そこで、本トークイベントを企画しました。デザインという概念そのものが、時代と共に流れる水のようなダイナミズムを携えており、絶え間なく問い続けることが重要です。デザイン思考という言葉から新鮮さが消えた現在のタイミングだからこそ、これまで言語化されてきたことを越えた立場で、改めて人々の創造性に対するクリティカルな議論ができるはずです。それらの論点や課題を洗い出すことで、今後のあるべき社会を描いていくための手がかりも見えてくるのではないでしょうか。

 ここでは、デザイン理論にも詳しく、かつ新しいデザイン領域を拓くことに挑まれてこられた第一線の実務者の方々をお招きし、それぞれの立場から、狭義のデザイン思考では語られることが少なかった視点から話題を提供して頂きます。その話題をもとに、次の段階に進むためのステップとして参加者の皆様を交えて深く議論出来ればと思います。御関心をお持ちの皆様、ふるってご参加下さい。

開催概要
■テーマ/タイトル
デザイン思考“以後”と、クリエイティビティの行方

■講師/モデレーター/ゲスト
佐宗邦威、武山政直、柴田厳朗、富田誠、上平崇仁
■日時 2017年2月24日(金)19:00〜21:30
■会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京ミッドタウン・デザインハブ内)
■定員:50名
■参加料:3000円
■主催 専修大学上平研究室
■協力
公益財団法人日本デザイン振興会、株式会社ACTANT、株式会社Biotope、東海大学、専修大学
詳細URL http://ptix.co/2k8EL0Q
申し込み方法・申込先:上記ウェブサイトより
お問い合わせ先
上平崇仁 kamihira@isc.senshu-u.ac.jp