とうようズ・デイ2017  蓄音機でSPレコードを聞きながら中村とうようさんを偲ぶ

large

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジは、7月21日(金)に「とうようズ・デイ」を開催します。

 

音楽評論家の中村とうよう氏の命日に開催してきた「とうようズ・デイ」も今年で第6回を数えることとなりました。

 

今回は、とうよう氏が所蔵していた年代物の大型蓄音機で貴重なSPレコードをかけながら、改めて中村とうようはどういう人だったのか、その残された仕事の数々を思い出していただこうという企画です。

 

本イベントの実行委員長であり、中村とうよう氏と同時代から活躍してこられた湯川れい子氏に出演いただき、当時のことを多いに語っていただきます。同実行委員である田中勝則氏とともに、レコード初期の珍盤から50年代のロックンロールまで、ジャンルを横断した中村コレクションを温かみ溢れる蓄音機のサウンドで聞いていただきながら、故人を偲びます。

日 時:
2017年7月21日 (金) 17:30 – 開場、18:30 – 開演

会 場:
東京ミッドタウン・デザインハブ
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
(〒107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

定 員:
約100名

参加料:
無料 *どなたでも参加いただけます。直接、会場にお越しください。

出 演:
湯川れい子、田中勝則、ほか

主 催:
とうようズ・デイ実行委員会

協 力:
武蔵野美術大学 美術館・図書館、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ、ミュージックマガジン、オフィス・サンビーニャ