東京ミッドタウン・デザイン部
「日本のグラフィックデザイン2017」朝のギャラリーツアー

「東京ミッドタウン・デザイン部」では、現在デザインハブで開催中の企画展「日本のグラフィックデザイン2017」をより深く楽しむ“朝のギャラリーツアー”を実施します。「デザイン部」部長の廣村正彰さんと、年鑑『日本のグラフィックデザイン2017』ブックデザインを担当した高田唯さんが、その見どころをご紹介し、ツアー後に皆で感想をシェアします。

「東京ミッドタウン・デザイン部」は、東京ミッドタウン10周年を記念してスタートした、Designのフィルターを通して、東京ミッドタウンやその周辺を深く知り・楽しむ活動です。

デザイン部では、現在デザインハブで開催中の企画展「日本のグラフィックデザイン2017」をより深く楽しむ“朝のギャラリーツアー”を実施します。同展では、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が発行する年鑑『Graphic Design in Japan 2017』掲載作品から、約300点が実物と映像で展示されています。「デザイン部」部長の廣村正彰さんと、年鑑『日本のグラフィックデザイン2017』ブックデザインを担当した高田唯さんが、その見どころをご紹介し、ツアー後に皆で感想をシェアします。

身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、私たちの身の回りにあふれる様々なグラフィックデザイン。1日の活動を始める少し前に、その潮流や背景を知り、新しい視点に触れてみませんか? ご参加をお待ちしております!

▼開催概要
日 時:7月27日(木)8:30-9:30
場 所:東京ミッドタウン・デザインハブ
参加費:500円(チケットの事前購入をお願いしています)
定 員:20名(先着順・定員になり次第締切といたします)
ゲスト:廣村正彰氏、高田 唯氏
*会場ではコーヒーとパンをご用意いたします。
*好評につき、枠を10名増やし、定員30名といたしました(7/19更新)。

お申込はこちら

■ 廣村正彰(ひろむら まさあき)
1954年愛知県生まれ。’88年廣村デザイン事務所設立。グラフィックデザインの他、商業施設や美術館などのサインデザイン、CI、VI計画を多く手がける。2008年KU/KAN賞、’09年毎日デザイン賞、第42回SDA最優秀賞、’10年グッドデザイン金賞ほか受賞多数。東京工芸大学教授、多摩美術大学客員教授。JAGDA会員。

■ 髙田 唯(たかだ ゆい)
1980年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒。Allright代表。2006年「Allright Graphics」設立。’07年活版印刷工房「Allright Printing」設立。東京造形大学准教授。JAGDA会員。

▼展覧会「東京ミッドタウン・デザインハブ第67回企画展 日本のグラフィックデザイン2017」
会 期:6月17日(土)〜8月6日(日)11:00-19:00 会期中無休・入場無料
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ
詳 細:Exhibitionページ

▼本イベントに関するお問合せ:
東京ミッドタウン・デザイン部(事務局:日本デザイン振興会)
info@designhub.jp
Tel 03-6743-3776