東京ミッドタウン・デザイン部
【東京ミッドタウン・デザイン部×TOTOギャラリー・間コラボレーション企画】 会期終了後のラストチャンス!館長による「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」展 ギャラリーツアー

「東京ミッドタウン・デザイン部」は、東京ミッドタウン10周年を記念してスタートした、デザインのフィルタを通して、東京ミッドタウンやその周辺を深く知り・楽しむ活動です。

 


 今回は、TOTOが文化活動として運営する、建築とデザインの専門ギャラリー”TOTOギャラリー・間”にご協力いただき、「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」展のギャラリーツアーを7月18日(火)の朝8時~開催します。会期終了後の朝にゆっくりと館長の橋田氏にご案内いただく特別な機会です(※会期は7月16日で終了です)。この機会をどうぞお見逃しなく!

ご案内いただく「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」展は、建築家・坂 茂(ばん・しげる)氏の1999年以来18年ぶり、2回目となる個展です。

2014年には災害支援と多方面に及ぶ建築活動が高く評価され、建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞、 2016年には避難所用・紙の間仕切りシステムで、グッドデザイン・金賞も受賞されています。

避難所用・紙の間仕切りシステム – 熊本地震での活用 –

 

 

本展では、現在世界各地で進行中の最新プロジェクトのプロセスを通し、坂氏の設計思想と取り組みを紹介しています。建築作品だけでなく世界各地の災害支援にも尽力してきた坂氏が、今改めて「木」という素材の特長や可能性に注目し、これらを多様なかたちで用いた大規模なプロジェクトの挑戦をご覧いただけます。
なかでも、2017年パリ近郊、セガン島にオープンした「ラ・セーヌ・ミュジカル」は、約1,200人収容のクラシック音楽専用のホールを中心とした複合音楽施設で、坂氏のこれまでのキャリアの中では 最大規模のもの。その他、複数のプロジェクトについて、模型やモックアップ、映像など、臨場感あふれる展示で紹介いただきます。

新_小さい_メインビジュアル1124_0118_Small

©Nicolas Grosmond


坂氏ならではの木造大架構のダイナミックな外観の中に、従来にない”可能性”を感じ、私たちもまだ何かできることがあるのではないか…と、朝から前向きな気持ちになることでしょう!

ツアー後は、ドリンクを飲みながら参加者のみなさんと感想などをシェアする時間を設けたいと思います。

▼開催概要

開催日:7月18日(火)8:00-9:00頃  (集合時間:8:00)

場 所:TOTOギャラリー・間 (東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3Fに集合) 地下鉄千代田線・乃木坂駅3番出口(徒歩1分)地下鉄六本木駅(徒歩7分)MAP

参加費:無料(ドリンク付き)申込はこちらから

人 数:30名 *先着順で、定員になり次第締め切らせていただきます。

ご案内:TOTOギャラリー・間 館長 橋田光明氏

 

s-MITU5457

 

▼スケジュール
8:00~8:45 坂茂展ご案内(3F・4F)

8:45~9:00 感想のシェア

9:00~   BookshopTOTOご案内(2F)

 

▼展覧会コンセプト文、坂 茂氏プロフィール

詳細

▼関連出版

『坂 茂の建築―― 材料・構造・空間へ』著者=坂 茂(TOTO出版)