「旅するムサビプロジェクト展」武蔵野美術大学学生による展示解説

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジは、11月1日 (水) ~5日 (日)、「旅するムサビプロジェクト展」における特別イベントを開催します。

実際に本プロジェクトに参加した本学学生が、実施した活動の詳細や参加して感じたことなどについて話しながら展示解説を行います。

日 時:2017年11月4日 (土) 13:00-、15:00-(各回30分程度)
会 場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階 デザインハブ内)
参加料:無料(予約不要)
実施主体:武蔵野美術大学学生有志

旅するムサビとは?
旅するムサビプロジェクトは、全国各地の小中学校で、美術に関する授業を実施する学生の自主的な活動です。小中学校からの依頼に対し、学生がチームを組み、企画立案、依頼者とのやりとりから実施まで、すべて学生自身が行います。またプロジェクト実施の際は、地域の大学生や作家ともコラボレーションしながら、様々な活動に取り組んでいます。
プロデューサー:武蔵野美術大学 共通デザイン・教職課程 教授 三澤一実
グッドデザイン賞WEBサイトでの紹介:
http://www.g-mark.org/award/describe/46019?token=9eHyEK7ILa

「旅するムサビプロジェクト展」
日 時:2017年11月1日 (水) ~5日(日)11:00-19:00
会 場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
http://d-lounge.jp/2017/09/1119

詳細はこちら