東京ミッドタウン・デザイン部「ハブとマングース」夜のギャラリーツアー

 

武蔵野美術大学(東京都小平市、学長 長澤忠徳)は、東京ミッドタウン内デザインハブにて、東京ミッドタウン・デザイン部「ハブとマングース」夜のギャラリーツアーを開催します。

 

「東京ミッドタウン・デザイン部」は、東京ミッドタウン10周年を記念してスタートした、Designのフィルターを通して、東京ミッドタウンやその周辺を深く知り・楽しむ活動です。デザイン部では、東京ミッドタウン・デザインハブ 第70回企画展「ハブとマングース」をより深く楽しむ“夜のギャラリーツアー”を実施します。

 

同展では、グラフィックデザイン、映像、音楽、エンジニアリング、アート、ファッションなど、幅広い分野を手がけるクリエイティブチーム「TYMOTE(ティモテ)」のクリエイションを中心に、個を超えたチームが持つ可能性を提示します。

 

ギャラリーツアーでは、展示の見どころを本展企画の株式会社モーフィング代表でありTYMOTEメンバーの加藤氏がご紹介します。
第一線で活躍するクリエイターと対話しながらその思考に触れることができる、貴重な機会です。
閉館後の時間帯ですので、ゆったりとデザインハブの展示空間を楽しんでみませんか?
みなさまのご参加をお待ちしております。

東京ミッドタウン・デザイン部「ハブとマングース」夜のギャラリーツアー

日 時:2017年12月6日(水)19:00-20:00
場 所:東京ミッドタウン・デザインハブ
(東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階)
参加料:無 料
定 員:30名
解 説:加藤 晃央(TYMOTE)

加藤 晃央(かとう あきおう)
1983年、長野県生まれ。武蔵野美術大学芸術文化学科在学中に起業し、株式会社モーフィングを設立。商品開発や広告企画制作請負の他、美大生のフリーマガジンPARTNERの発行、美大総合展覧会THE SIXを立ち上げる。また、美大生に特化した就職メディア「美ナビ」を運営。森ビル株式会社と共同で就職展覧会「美ナビ展」を開催し盛況を得る。2013年には、同世代のフリーランスや独立の流れを感じ、井口皓太とクリエイティブアソシエーション世界株式会社を設立。クリエイティブチーム株式会社TYMOTEにもメンバーとして在籍し自身も多様な働き方を摸索し、在籍する組織間を横断活動中。

東京ミッドタウン・デザインハブ 第70回企画展「ハブとマングース」
会 期:2017年11月27日(月)〜12月24日(日)11:00-19:00 会期中無休
入 場:無料
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ
詳 細:公式WEBサイトをご覧ください。http://d-lounge.jp/2017/10/11271

本イベントに関するお問い合せ:
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
Mail d-lounge@musabi.ac.jp
Tel 03-3470-7221

申込みはこちら

詳細はこちら