デザイン業のための正しい下請取引と報酬について知るセミナー


日本デザイン事業協同組合は12月7日(木)、「デザイン業のための正しい下請取引と報酬について知るセミナー」を開催いたします。

デザイン会社、事務所経営、フリーランスデザイナー、感性価値を創造するデザイン開発技術者の取引に役立つ講習会です。公正取引委員会、取引相談の専門家が法令、役務提供、利益保護を解説します。

 

◆テーマ1
下請代金支払遅延等防止法について
●デザイン業の取引において生じやすい違反事例の説明ほか。
講師/山本琢麿氏(公正取引委員会企業取引課課長補佐)
牧原祐記氏(公正取引委員会企業取引課企画係長)

 

◆テーマ2
困った時の下請かけこみ寺「裁判外紛争解決手続き(ADR)」について各種デザイン等作成作業を依頼・委託され、発注を取り消されたり、代金を支払日に払ってもらえなかった等、取引上の悩み解決方法の説明ほか。
講師/黒田 守氏((公財)全国中小企業取引振興協会 下請かけこみ寺本部主任調査員)

「デザイン業のための正しい下請取引と報酬について知るセミナー 」

◆日時 :平成29年12月7日(木)13時~16時
◆会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京ミッドタウン・デザインハブ内)
◆定員:100名  ※先着順・定員になり次第締切
◆参加料:無料
◆主催:日本デザイン事業協同組合(JDB)
◆協力:(公財)日本デザイン振興会(JDP)
◆後援:
(公財)全国中小企業取引振興協会
(公財)東京都中小企業振興公社
(公社)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
(公社)日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)

詳細・お申し込みはこちらから

お問い合わせ先:JDB事務局 office@jdb.or.jp