「いすみ市発房総ライフデザイン・プロジェクト」最終報告会

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジでは、千葉県いすみ市と武蔵野美術大学による「いすみ市発房総ライフデザイン・プロジェクト」最終報告会を開催します。

 

いすみ市の魅力の発掘・発信と課題発見・解決策を抽出していく本プロジェクトは、2015年11月から実施しているものです。 本イベントでは、今年度取り組んだプロジェクトの報告や、本学デザイン情報学科学生によるプレゼンテーションを予定しています。

日 時: 2017年12月26日 (火) 14:00〜18:00

場 所: 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウンタワー5階(デザインハブ内)

タイムテーブル:
14:00- 開会あいさつ
– ゲスト挨拶
– 最終報告会プログラムの紹介

14:10- 今年度プロジェクト概要報告
1. 空間演出デザイン学科による国吉神社周辺イベント「祠と精霊」の報告
2. デザイン情報学科3年井口ゼミ学生によるプレゼンテーション
-「“いすみの実”~みんなで育てるいすみの“いいね!”」(地域資産発見)
-「ISUMI HOT NIGHT CAMP」(いすみ流グランピングのデザイン)
-「灯し貝、どこかなつかしい」(光のデザイン)
-「“しゅらりら”~ほんとの休みが、ここにある」(地域ブランディング)
3. ゲスト講評 15:40- 地域とデザインの研究プロジェクト、今後の課題
1. 木製ユニット構造等の推進計画に向けて
A:コミュニティスポット
B:ランタンハウス
C:貝細工WSブース
D:干物絵馬ギャラリー
2. 産官学共同・地域デザインプロジェクトの可能性について
3. いすみ市向けデザイン研究・実践プロジェクトの提案

16:30 閉会

主 催: 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ / 千葉県いすみ市