地域×デザイン2018 -まちとまちをつなぐプロジェクト-
【地域×デザイン2018】人生100年時代×働く-これからの新しい働き方-/selfTURN awardの受賞者と審査委員が集結

企画展「地域×デザイン2018」では、地域の特色を活かした活動や、先進的取り組みを行う地域のキーマンや自治体のリーダーにお越しいただき、トークイベントを連日開催します。

 

 

日時
2018年3月10日(土)13:00-18:50

テーマ
人生100年時代×働く-これからの新しい働き方-

プログラム1
13:00-13:50 「人生100年時代」におけるこれからの働き方・学び方
経済産業省参事官 伊藤禎則

「働き方改革」は、「長時間労働是正」のステージから、生産性・エンゲージメントを高め、働く個人ひとりひとりの活躍につなげる「働き方改革 第2章」のステージに入っています。テレワーク、副業・複業、フリーランスといった「多様な働き方」に注目が集まり、また、「人生100年時代の学び」である「リカレント教育」を推進していくこととしています。これらは、日本経済そして地方の成長の鍵となり得る潜在力を秘めています。

プロフィール:伊藤禎則
1994年通商産業省(当時)入省。東京大学法学部卒、米国コロンビア大学ロースクール修士。これまで日米通商交渉、エネルギー政策、成長戦略等を担当。2015年10月より現職にて、 働き方改革、副業・兼業促進、IT人材育成、経営人材育成など人材・労働関係政策を広く担当。

 

プログラム2
14:00-14:50 「意志ある人の還流」が生まれる魅力ある地域づくりとは
一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム 代表理事 水谷智之

若者の流出と少子化の影響で廃校寸前に陥っていた島根県立隠岐島前高校は、今では全国・海外からも志願者が集まる学校へと生まれ変わりました。高校生がまちづくりに挑戦する学習や、全国から意志ある多彩な生徒を募集する地方留学など、地域と学校の協働による取り組みが、地域を魅力ある学びの場へと変貌させました。こうした動きは、島根県全域に広がりを見せ、2016年には日本財団のソーシャルイノベーター最優秀賞を受賞し、日本全国や海外へと展開していく準備が進んでいます。私は、これまで都会のど真ん中で、ビジネスをやってきました。だからこそ、志や意志ある若者や家族が、逆に地域に住みたいという社会を創りにいきたいと。日本の未来への大きな挑戦の一つとしてお話させて頂きます。

プロフィール:水谷智之
1988年慶応義塾大学商学部卒業。同年株式会社リクルート入社。一貫して人材ビジネス領域に携わり、求人情報誌『Tech-Bing(テックビーイング)』『週刊ビーイング』編集長を経て、インターネット転職サービス『リクナビNEXT』の立ち上げを編集長として担当。2004年リクルート人事担当執行役員、2011年4月リクルートエージェント社長に就任。2012年10月、リクルートとの事業統合による新会社リクルートキャリアの初代代表取締役社長就任。2016年3月退任。また、2007年からは社会起業家の育成にも取り組み「社会イノベータ公志園」の立ち上げと運営に携わるほか、地域、人材、経営、教育をテーマに活動中。

 

プログラム3
15:00-18:50(17:50-18:50は懇親会を予定)

これからの新しい働き方を考える~selfTURN awardの受賞者と審査委員会が集結~

【ソーシャルビジネス部門】
受賞者:パソナ東北創生 代表取締役社長 戸塚絵梨子
審査委員:NPO法人 ETIC. 事務局長 鈴木敦子

【ライフデザイン部門】
受賞者:株式会社ガイアックス ソーシャルメディアマーケティング事業部事業部長 菅大輔
審査委員:FLEDGE運営 株式会社えふなな 代表 新田勢剛

【新事業・新産業門】
受賞者:ファクトリエ 代表 山田敏夫
審査委員:株式会社ニューズピックス コミュニティチーム エージェント/プロデューサー 古屋荘太

【リモートワーク部門】
受賞者:NPO法人SOMA 代表理事 瀬戸昌宣
審査委員:一般社団法人at Will Work 代表理事 藤本あゆみ

【デュアルワーク部門】
受賞者:株式会社ウエダ本社
審査委員:一般社団法人WorkDesignLab 代表 石川貴志

 

本イベントは「SELF TURN week」の一貫で開催します。
※SELF TURN(セルフターン)とは、「『働き方=生き方』と捉え、自分自身(oneself)の可能性を最大限に生かせる仕事を探すこと」であり、日本人材機構が提唱している考え方です。
SELF TURNの概要はコチラ

 

会場
東京ミッドタウン・デザインハブ
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F

主催
東京ミッドタウン・デザインハブ

企画運営
公益財団法人日本デザイン振興会、学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学

参加費
無料

定員
100名(定員になり次第締め切ります)

企画展会期
2018年2月23日(金)〜 3月11日(日)11:00〜19:00 会期中無休

※スケジュールや発表内容が変更されることがあリます。
※トークイベントは事前のお申し込みが必要です。
※上記以外にも連日開催の予定です。下記にて随時更新しています。

公式ウェブサイト

公式Facebook

プログラム1-2のお申込はこちら

プログラム3のお申込はこちら