社会をクリエイティブにデザインする

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジでは、2018年3月27日 (火)、「社会をクリエイティブにデザインする」を開催します。

 

高齢化、産業構造の変化、国際競争力、次世代の人材育成といま我々が直面している課題は、個々の企業や組織だけの問題ではありません。我々は領域横断的に課題に取り組んでいくことが求められています。課題へのアプローチはさまざまです。経済的なアプローチもあれば、政治的なアプローチもあります。しかしながら、これまでの経済や価値観が変容を遂げているいま、クリエイティブに関わる我々の質的な変化を生み出す力が、この課題に対して最もインパクトを持っています。そして、そのような人材育成こそが日本をデザインする鍵にもなります。

 

このような背景より、地域、日本、世界をクリエイティブにデザインする「ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ(仮)」というコミュニティが2018年9月に発足することになりました。コミュニティでは、地域、日本、世界をデザインをする情熱を持った人たちが集まり、企業、行政、教育関連者が組織の壁を越えたつながりを目指します。

 

ついては、このコミュニティの趣旨に賛同する人たちや興味がある人たちが集る、プレイベントをデザイン・ラウンジで開催します。

社会をクリエイティブにデザインする

日 時:
2018年3月27日 (火)
18:00 – 21:00 (開場 17:20)

会 場:
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階(デザインハブ内)

参加料:
無 料

定 員:
50名(先着順)

申込方法:
ページ下部のボタンよりお申込み下さい。(別ページに移動します)

主 催:
ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ準備事務局
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ

協 力:
SDN Japan
NPO法人HCD-net
Xデザインフォーラム

内 容:
17:20 – 18:00 プレ交流会
18:00 – 19:00 話題提供
・「ソーシャルとサービスデザイン(仮)」長谷川 敦士【コンセント・代表】
・「地域と社会のデザイン活動(仮)」若杉 浩一【パワープレイス・ディレクター】

19:00 – 20:00 ライトニングトーク「社会とデザイン」
・渡邉 賢太郎【SUSANOO】
・村越 悟 【(社)PLAYERS】
・井登 友一 【インフォバーン】
・上田 義弘 【富士通デザイン】
・西村 真里子【HEART CATCH Inc. 】
・江渡 浩一郎【産業技術総合研究所 】
・玄正 慎【Coaido】
・富田 誠【東海大学】
・井口 博美【武蔵野美術大学】
・山崎 和彦【Xデザイン研究所】

20:00 – 21:00 ビアハッシュ「思いの交流」

 

参加を申し込む