武蔵野美術大学×長瀬産業 産学共同研究 ~トライタンの用途開発と新しい価値~

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジでは、武蔵野美術大学と長瀬産業による産学共同研究・最終成果発表会を開催致します。武蔵野美術大学の学生、長瀬産業、Eastman Chemical社によって、特殊樹脂Tritan(トライタン)の新しい価値に迫ります。半年間学生が研究した成果をプレゼンテーション致します。このような趣旨に賛同して頂ける方を対象としており、どなたでも参加可能です。皆様の御参加をお待ちしております。

日 時:
2018年7月25日(水)
15:00~18:30(開場 14:30~)

場 所:
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階(デザインハブ内)

定 員:
先着 30名

お申し込み方法:
ページ下のボタンからお申込みください。

主 催:
長瀬産業株式会社 https://www.nagase.co.jp/
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ

スケジュール:
15:00~開会の挨拶
15:10~トライタンの紹介(Eastman Chemical社 スペシャルテイプラスチック事業部 澤田みさき氏)
15:30~武蔵野美術大学大学院生の発表 (4名、各15分)
16:20~講評(Eastman Chemical社 澤田みさき氏、武蔵野美術大学 田中教授、長瀬産業 カラー&プロセシング事業部 ポリマープロダクツ部 増井氏)
16:30~セミナー「2020年に重要なCMFデザイン要素」(日本流行色協会 トレンドセッター 大澤かほる氏)
17:30~懇親会

【産学共同研究の様子】

 

 

お申し込みはこちら