【東京ミッドタウン・デザインハブ・キッズウィーク2018】
~粘土でフィギュアをつくろう!~ 流れ星をデザインする

【東京ミッドタウン・デザインハブ・キッズウィーク2018】
「○○をデザインする」がテーマの子ども向けワークショップ。今年もデザイナーやアーティスト、デザインに力を入れる企業などが企画する、デザインハブならではのプログラムを開催します。様々なジャンルのデザインやものづくりを体験しよう!

 

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジは、ワークショップ 「~粘土でフィギュアをつくろう!~ 流れ星をデザインする」を開催いたします。

昨年もご好評いただき、キッズウィークにおいて今年で7回目となる、粘土でフィギュアをつくるワークショップです。

今年のペルセウス座流星群は8月13日がピークのようです。
私が小さい頃の流れ星のイメージは、誰かが流れ星に乗って宇宙を旅しているものでした。
そんなイメージを形にしたら可愛いものができる!と思い、今年のテーマは【流れ星】に決めました。

流れ星とそれに乗った何か(宇宙人?)の型は、こちらでご用意します。
当日、粘土で頭をつくり、絵の具で色を塗って、親子で力を合わせて、オリジナルの流れ星をつくりましょう。

完成した作品は、当日お持ち帰りできます。
今夏の思い出づくりに、ぜひご参加ください。

日 時
2018年8月9日 (木) 13:00 – 16:00

会 場
東京ミッドタウン・デザインハブ
(東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階)

参加費
1組2,000円(当日払い)

定 員
15組30名

対象年齢
5歳以上

お申込み方法
ページ下部のボタンよりお申込み下さい。(Peatixページへ移動します)

注意事項
保護者の方にも作業をしていただきます。 絵の具を使いますので、汚れてもいい服でお越しいただくか、エプロンをご持参ください。

実施主体
タカハシカオリ http://www.takahashikaori.net

 

 

申し込みはこちら