東京ミッドタウン・デザイン部
「日本のグラフィックデザイン2018」朝のギャラリーツアー

「東京ミッドタウン・デザイン部」では、現在デザインハブで開催中の企画展「日本のグラフィックデザイン2018」をより深く楽しむ“朝のギャラリーツアー”を実施します。「デザイン部」部長の廣村正彰さんと、年鑑『日本のグラフィックデザイン2018』編集長の林 規章さんが、その見どころをご紹介します。

「東京ミッドタウン・デザイン部」は、東京ミッドタウン10周年を記念してスタートした、Designのフィルターを通して、東京ミッドタウンやその周辺を深く知り・楽しむ活動です。昨年もご好評いただいた、「日本のグラフィックデザイン」展をより深く楽しむ“朝のギャラリーツアー”を実施します!

身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、私たちの身の回りにあふれる様々なグラフィックデザイン。

本展は、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が発行する年鑑『Graphic Design in Japan 2018』掲載作品から、約300点が実物と映像で展示されています。

今回はこの展覧会を、グラフィックデザイナーであり「デザイン部」部長の廣村正彰さんと、年鑑『日本のグラフィックデザイン2018』の年鑑委員長でもある林 規章さんにご案内いただきます。開館前の時間、デザイン部参加の方だけに、今年のグラフィックデザイン作品の見どころや、注目ポイントなどをご紹介いただきながら、皆で作品を鑑賞します。

ツアー後には皆でコーヒーなどを飲みながら、講師の方へご質問いただいたり、展覧会の感想などをシェアできればと思います。専門的なことはわからないけど、ポスターを見るのが好き、という方、印刷技術に興味がある方など、どなたでもお気軽にご参加ください。クリエイティブな空気に触れて、創造的な一日を過ごしましょう!

▼開催概要
日 時:7月24日(火)8:00-9:30
場 所:東京ミッドタウン・デザインハブ
参加費:500円(チケットの事前購入をお願いしています)
定 員:30名(先着順・定員になり次第締切といたします)
ゲスト:廣村正彰氏、林 規章氏
*会場ではコーヒーとパンをご用意いたします。

お申込はこちら

■ 林 規章 Noriaki Hayashi
1964年岐阜生まれ。名古屋芸術大学美術学部デザイン科卒業。’91年よりフリー。主に広告のアートディレクション、グラフィックデザイン、タイポグラフィの分野に従事。2003年JAGDA新人賞、’07年ONE SHOW Design Gold、’10年ADC賞など受賞多数。女子美術大学芸術学部デザイン学科教授。JAGDA年鑑委員長。

■ 廣村正彰 Masaaki Hiromura
愛知県生まれ。田中一光デザイン室を経て、1988年廣村デザイン事務所設立。グラフィックデザインの他、商業施設や美術館などのサインデザイン、CI、VI計画を多く手がける。主な仕事に、日本科学未来館、横須賀美術館、9hナインアワーズ、東京ステーションギャラリー、すみだ水族館、TOTO MUSEUM、台中国立歌劇院、そごう・西武、ロフトのアート・ディレクション等。近著『デザインからデザインまで』。

▼展覧会「東京ミッドタウン・デザインハブ第73回企画展 日本のグラフィックデザイン2018」
会 期:6月20日(水)〜7月31日(火)11:00-19:00 会期中無休・入場無料
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ
詳 細:Exhibitionページ

▼本イベントに関するお問合せ:
東京ミッドタウン・デザイン部(事務局:日本デザイン振興会)
info@designhub.jp
Tel 03-6743-3776