“こどもOS”をモノづくりに活かす!「プレイフル・デザイン・カード」を使ったデザイン発想ワークショップ


デザインのアイデアは知識や経験に基づく創造が大切ですが、既成概念にとらわれがちです。
子どもの頃を思い出すと、もっと自由で、もっと直感的な発想をしていませんでしたか?
子どもが本能的に持っている自由な行動や感性を捉え、それを22のランゲージにしたのが「こどもOS」。
演習は「プレイフル・デザイン・カード」を使用し、企業のデザイン関係の方と一緒に4~5人のグループでアイデア発想します。
このカードを使ってデザイン思考を拡げよう!

 

「プレイフル・デザイン・カード」の特長
• 誰もがこどもの頃に経験した遊びや楽しみを発想の“触媒”に!
• ファンタジーの二項式や異化作用を応用した情緒的な発想手法
• こどもの行動特性 (アフォーダンス理論) から予測するハザードチェック
• こども目線・こどもゴコロによるプレイフルなグループワーク

日 程:2018年10月31日(水)

時 間:14:00-17:00

会 場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ

対 象: デザインに興味のある学生   (武蔵野美術大学以外の学生も歓迎!)

定 員:15名

参加費:無料

お申込み方法:ページ下部のボタンよりお申込み下さい。(Peatixページへ移動します)

主 催:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
    特定非営利活動法人キッズデザイン協議会

講 師:大阪府産業デザインセンター 主任研究員 川本誓文(こどもOS研究会リーダー)
    積水ハウス株式会社 総合住宅研究所 住生活研究所 室長 河崎由美子(予定)

問い合わせ先:キッズデザイン協議会
       東京都港区虎ノ門3-4-10 虎ノ門35森ビル7階 〒105-0001
       tel:03-5405-2141
       info@kidsdesign.jp
       URL: http://www.kidsdesign.jp

その他:
ワークショップに参加した方は、当日販売のカード&冊子のセットが会員価格(税込3,000円)で購入可能です。
*ワークショップで使用するカードはこちらで用意しますので、購入しなくても参加可能です。

お申し込みはこちら