企(たくらみ)展 関連企画:トークセッション「未来の学びをソーシャルデザインする」

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジは、12月13日(木)、企(たくらみ)展 関連企画:トークセッション「未来の学びをソーシャルデザインする」を開催します。
企(たくらみ)展では、社会課題や個人の課題解決のアプローチ手法「ソーシャルデザイン」の「ちょっと先」に焦点をあて、地域社会・ビジネス・個人の暮らしに寄り添う「デザイン」の新たなアプローチを企業の取り組みや地縁団体のプロジェクトを事例として紹介します。 企業やNPOをはじめとした地域活動のみならず、新たなクリエイティブのアプローチとして美術・デザイン教育の現場でもますます取り組まれていくことが予想されます。
人生100年時代、より主体的で創造的である「学び」が求められています。 子どもたちが大人になって、あらためて学ぶことはどんな発見があるのだろうか? 登壇者の実例を伺いながらこれからの学びについて考えていきたいと思います。

トークセッション「未来の学びをソーシャルデザインする」
日 時: 2018年 12月 13日 (木) 19:00-21:00
登 壇: 佐藤桃子(VIVITA)、小村陽子(VIVITA)、稲葉裕美(WE デザインスクール)
司 会: 河野奈保子(greenz.jp)
会 場: 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 5 F(デザインハブ内)
定 員: 30名
参加料: 無料
申込み方法: ページ下部のボタンよりお申込み下さい。(Peatixページへ移動します)

登壇者


佐藤桃子(VIVITA service planner )
幼児向け教材編集、島根県隠岐島前の公立塾におけるキャリア教育や学習環境デザイン担当を経て2017年春より現職。VIVITAでは人々の創造性を育む環境のあり方について日々探求中。

小村陽子resize
小村陽子 (VIVITA Community Manager)
企業の人事を経て、出産をきっかけに子どもの成長に関わる仕事に携わりたいという思いでVIVITAに入社。現職では、地域とつながり仲間を増やすことで、創造的な活動ができる塲づくりに注力している。


稲葉裕美(WEデザインスクール主宰、OFFICE HALO代表取締役)
武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業。1984年生まれ。アート・デザインと社会の接点が足りていないと感じたことから、その仕組みづくりをしようと考え、武蔵野美術大学に入学。2014年にアート・デザイン教育の開発・提供を目的としたOFFICE HALOを設立し、同年、社会人向けアートスクール「CORNER」を、2017年に「WEデザインスクール」を開校。近年は、ビジネスリーダーの感性を育成するプログラムの開発・実施を軸とし、人間や体験に寄り添った、企業のブランド戦略、コンテンツ開発などにも携わる。
http://wedesignschool.com/

 

東京ミッドタウン・デザインハブ第76回企画展「企(たくらみ)」展-ちょっと先の社会をつくるデザイン-
展示概要はこちら http://d-lounge.jp/2018/10/12727/

 

詳細はこちら

お申込みはこちら