『未来の学校祭』ギリギリ・キット ワークショップ by アルスエレクトロニカ

 

◉「未来の学校祭 -SCHOOL OF THE FUTURE FESTIVAL-」とは

未来の学校祭は、東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカによる未来の社会をみんなで考える新しいお祭りです。アーティストによる社会への問いかけをきっかけに、さまざまなクリエイターや企業、ショップが来場者とともに、未来の社会を考えます。
コンセプトは「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」。イベント来場者は Exhibition(ギリギリ・ルーム/ギリギリ・スクエア/ギリギリ・ラボラトリー/ギリギリ・プロダクト)、Performance(ギリギリ・パフォーマンス)、Workshop(ギリギリ・ワークショップ)、Talk(ギリギリ・トーク)など子供から大人まで楽しめるプログラムを自由に体験することができます。
未来について考えるうえで重要なヒントが見つかるかもしれません。

 

◉ギリギリ・ワークショップとは
あなたにとってのギリギリってどんなもの?ギリギリ・ワークショプでは、参加者一人ひとりがギリギリに挑戦しギリギリのアイデアを繰り出すワークショップを行います。自分にとってのギリギリを考えることで限界を乗り越え、チャレンジする心を刺激します。

 

————————————————————————————–
ギリギリのアイデアへの挑戦
ギリギリ・キット ワークショップ by アルスエレクトロニカ
————————————————————————————–

アルスエレクトロニカによる「ギリギリ・キット」を使ってギリギリのアイデアに挑戦したあとは、ギリギリ・エキシビション(展覧会)の特別ガイドツアーに出かけます。ギリギリの作品を生み出すアーティストたちの心意気を学ぶ、アートエデュケーションを体験します。

 

▼『TOKYO MIDTOWN × ARS ELECTRONICA』これまでの取組み
http://www.tokyo-midtown.com/jp/ars_midtown/

◉開催概要

日時:2019年2月24日(日) 10:30-12:00 (10:00開場)

会場 :東京ミッドタウン・デザインハブ内
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(ミッドタウン・タワー5F)

対象年齢:小学校高学年以上

定員:20名(事前申込制)

詳細・お申込はこちら

【講師】
小川絵美子[プリ・アルスエレクトロニカ ヘッド]
小川秀明[アルスエレクトロニカ・ジャパン ディレクター]
久納鏡子[アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ アーティスト]

【Profile】
▼講師/小川絵美子
Ars Electronicaにて、メディアアートのコンペティションであるPrix Ars Electronicaの長を務める。Ars Electronica Festivalのキュレーション・企画なども手がける。

▼講師/小川秀明
Ars Electronica Japan Director。クリエイティブ・カタリスト(触発を起こす人)。
アート・テクノロジー・社会を刺激する「触媒的」アートプロジェクトの制作,研究開発,企業・行政へのコンサルティングを数多く手がける。

▼講師/久納鏡子
アーティスト、リサーチャーとしてArs Electronica Futurelabで活動。
これまでインタラクティブアート分野の作品を手がける一方、公共・商業空間での演出や展示造形、大学や企業との研究開発など幅広く行なう。