東京ミッドタウン・デザインハブ第21回企画展
日本のデザイン2010

ますます高度化し、複雑化していく現代の社会の中で、デザインはどこへ向かうのでしょうか。それはそのまま、私たちの暮らしや環境が、今後どうなっていくかという問いと重なります。
地球環境や世界経済の問題を超えて、未来に向かうためには何が必要か、本展では、デザイナーや建築家、アーティストとして活躍する5人の方をキュレーターとしてお招きし、これからのデザイン、これからの日本を考える視点を探っていただきました。
本展の実現にあたり、参加キュレーターは狭義のデザインの殻を破ろうと、モノづくりの現場やまちづくりの最前線へと出かけ、濃密な対話を重ねてきました。今までとはちょっと違うデザインの展覧会をお楽しみください。

■名称:東京ミッドタウン・デザインハブ第21回企画展「日本のデザイン2010」

■会期:2010年4月8日(木)〜5月9日(日) 11:00-19:00 (無休・入場無料)※ オープニングパーティー:4月9日(金)19:00〜21;00

■会場:東京ミッドタウン・デザインハブ

URL:http://www.designhub.jp
(東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー5階)

■主催:東京ミッドタウン・デザインハブ(財団法人日本産業デザイン振興会/社団法人日本グラフィックデザイナー協会/九州大学・芸術工学東京サイト)

■アートディレクション:松下 計

■会場デザイン:川嶋 貫介

■テキスト編集:杉山 衛

■参加キュレーターとテーマ:
黒崎 輝男(デザインプロデューサー):「食と学びとデザイン」
柴田 文江(インダストリアルデザイナー):「デザインの湿度」
曽我部 昌史(建築家):「地域とデザイン」
八谷 和彦(メディアアーティスト):「日本の飛行機とデザイン」
廣村 正彰(アートディレクター):「恋愛(ロマンス)とデザイン」

■「日本のデザイン2010」特設ウェブサイト:http://www.designhub.jp/japan
■ デザインハブtwitterアカウント:@DesignHub_Tokyo