【東京ミッドタウン・デザイン部 ONLINE 】
“専門性を持つ人が集い面白いことを持ち帰る場”「折詰め会」 Vol.103

東京ミッドタウン・デザイン部」は、東京ミッドタウン10周年を記念してスタートした、デザインのフィルタを通して日常を楽しむ活動です。

2021年より、これまで武蔵野美術大学D-Loungeで開催していた「折詰め会」を「東京ミッドタウン・デザイン部」の活動として実施させていただくことになりました!

●折詰め会とは?

さまざまな専門性を持つ人が、「何か面白い」「気になっている」テーマを持ち寄り話し合い、各自の活動へヒントを持ち帰る場です。

2012年、当時社会人3年目のインハウスデザイナー2人が、デザイン活動を社会の場へひろげ、さまざまな専門性を持つ人に会って話したいというモチベーションでスタートさせました。

会費や参加資格はありません。初参加者をいつも歓迎しています。
話したい・育てたいテーマを持つ人が順に班長となり、話題提供・議論やワークショップの進行をします。「失敗してもいい ゆるい コミュニティ」で”折詰め”し合いましょう。

【最近開催されたテーマ】
・「SDGsについて考える」
・「10万円のつかいみち」
・「ライフハックツール プロトタイピング」
・「折詰め会の魅力を発揮する条件を探ろう!」
・「コミュニケーションとデザイン」

——————

折詰め会は、若手デザイナーのテーマを持った毎月開催の交流会的集いとしてスタートしましたが、現在は様々なバックグラウンドを持った方がふらりと参加できる学びの場として、100回を超えて継続中!
2015年の拡大版イベントの様子がこちらにレポートされていますので、雰囲気を知りたい方はぜひご覧ください。

▼東京ミッドタウン・デザイン部「折詰め会 第103回 」

テーマ:「雨を捉えなおす。」(班長:木伏さん)
雨、好きですか。
日本人が農民国家からGDPが世界トップになるまで、大きく経済発展は遂げました。
その中では、文明が発達し、都市をつ繰られてきましたが、人間が制御可能範囲を広げても、自然である雨はコントロールできない(できるという人もいるが)。
しかし、都市に住まう人々は雨が降ると暗い顔して、傘をさし、ぐちぐち言いながら出勤している。
降り注ぐ雨を僕たちはどう捉えればいいのだろうか。ただの、厄介者ものとしてか、命の恵としてとらえるか。または、新しい何か、なのか。
そんなことを考えているので、どんどん思考を広げていきたいです。

【開催概要】

日程:2021 年3月24日(水) 19:00〜21:00
会場:オンライン(ZOOMミーティング)
定員:15名 (先着順)
参加費:無料
対象:自分の思っていることを「話したい」「議論したい」「考えたい」方
*単発のご参加でも大丈夫です。
*ZOOMはカメラオンでのご参加が基本になります(常時でなくても可)。自己紹介コーナーがあります。

お申し込みはこちら

▼下記ページで、イベント動画公開&各種情報発信中です!
東京ミッドタウン・デザイン部 ONLINE Youtube
東京ミッドタウン・デザイン部
東京ミッドタウン・デザイン部 FaceBookページ