「東日本大震災とグッドデザイン賞 復興と新しい生活のためのデザイン展」 オープニングトーク

東京ミッドタウン・デザインハブ第91回企画展「東日本大震災とグッドデザイン賞 復興と新しい生活のためのデザイン展*」の開催にあわせ、2021年度グッドデザイン賞審査委員長の安次富隆さんと、同 審査委員で、石巻工房代表として発災後初期より継続して復興に関わられている芦澤啓治さんをお迎えし、ONLINEでのオープニングトークを開催します。
*展覧会は5月18日(火)より開催予定です。

【企画展開催情報】
東京ミッドタウン・デザインハブ第91回企画展
「東日本大震災とグッドデザイン賞 復興と新しい生活のためのデザイン」
2011年度から2020年度の10年にわたり、東北6県および茨城県からグッドデザイン賞を受賞した521件のデザインをグラフィックで紹介するとともに、そのうちグッドデザイン・ベスト100以上を受賞したデザイン(および関連するデザイン)を前期・後期に分けて詳しくご紹介します。また、この間に受賞した、防災や復興を支える重要なデザインもピックアップし、2011年以降、災害という課題にデザインがどう応えようとしてきたかということの一端をグッドデザイン賞を通して展示します。

会 期: 前期 5月18日(火) -6月8日(火)
後期 6月12日(土) – 7月5日(月)
11:00~19:00
会期中無休(6/9-6/11は展示入れ替え作業のため休廊)・入場無料

会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ
(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

詳細情報:https://designhub.jp/exhibitions/6727/

【オープニングトーク開催概要】

日時:2021年5月14日(金)19:30–21:00 *ライブ配信のみ
方法:ZOOMウェビナー(Q&A可能) & YoutubeLive(視聴のみ)

お申し込みはこちら

【ゲスト】

安次富 隆(あしとみ たかし)
プロダクトデザイナー|有限会社ザートデザイン 取締役社長
2021年度グッドデザイン賞 審査委員長
ソニー株式会社デザインセンターを経て、1991年に有限会社ザートデザインを設立。
2008年より多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン教授。
情報機器や家電製品などのエレクトロニクス商品のデザイン開発、地場産業開発、デザイン教育などの総合的なデザインアプローチを行っている。

 

芦沢 啓治(あしざわ けいじ)
建築家 / デザイナー|株式会社芦沢啓治建築設計事務所、石巻工房 代表取締役
1996年横浜国立大学建築学科卒業。設計事務所勤務後、金物家具工房super robotでの家具制作に携わり2005年芦沢啓治建築設計事務所設立。2011年東日本大震災を受け、石巻工房を創立。
「正直なデザイン/Honest Design」を心がけ、建築、インテリアだけにとどまらず、国内外の家具ブランドとの協業や、住宅メーカーのパイロット住宅など幅広い分野で活動を行っている。