リエゾンセンター・ライブラリーのブックイベント
『銀行とデザイン』刊行記念トークイベント「銀行にデザインが浸透するその裏側」

 

「リエゾンセンター・ライブラリー」は、東京ミッドタウン・デザインハブ内に月10日ほど不定期でオープンするデザインライブラリー。
「リエゾンセンター・ライブラリーのブックイベント」として、ライブラリーに届いたデザイン関連の新刊本の著者の方などをゲストにお迎えし、書籍やそのテーマを深掘りするトークイベントを開催しています。今回は、ZOOMウェビナーとYoutube配信での開催です。

今回は、2022年11月にインプレスから出版された書籍『銀行とデザイン』の著者で、三井住友銀行初のデザイナーとして入社した金澤洋さん、同じく著者で2017年より三井住友銀行にデザイナーとして務める金子直樹さん、さらに、ノンデザイナーの立場から社内でデザイン推進の役割を担う米本滉貴さんをお迎えしてトークイベントを開催します。

三井住友銀行がインハウスデザイナーを迎えた理由、それまでデザインという文化がゼロだった組織にどのように浸透していったのか、さらに、組織のノンデザイナーがインハウスデザインという機能をどう理解し受け入れていったのか、デザインを活用してみようという認識を全社にどう広めるかなど、書籍に書かれていない裏側を含めて、お話を伺ってみたいと思います。

書籍『銀行とデザイン』にご関心のある方だけでなく、デザイナー・ノンデザイナーに関わらず、組織にデザインをどのように浸透させていくか、みんながデザインを活用できる組織にするには、などの課題をお持ちのにもヒントになるお話を伺えると思います。ぜひご参加ください。

 

【刊行書籍の案内】

『銀行とデザイン デザインを企業文化に浸透させるために』
発行:インプレス
著者:金澤洋、金子直樹、堀祐子
定価:1,600円+税
発売:2022年11月22日
A5判・176頁
ISBN:9784295015604

デザインの力で組織を変える!
三井住友銀行(以下、SMBC)は2016年からインハウスデザイナーを採用し、「UI/UXデザイン」という観点から銀行サービスを変革させ続けています。2019年・2021年にはグッドデザイン賞を受賞しました。本書は、銀行デジタルサービスのリニューアルを担当したインハウスデザイナー3名によるドキュメントです。デザインの必要性・重要性について社内から理解を得るまでの苦労から節目となるアプリのリニューアル、デザインによるDXを社内にどう浸透させているのか、といったデザイナーたちの体験をリアルに描いています。

『銀行とデザイン』刊行記念トークイベント「銀行にデザインが浸透するその裏側」

日時:2023年 1月30日(月)19:00-20:30
配信:以下どちらも参加無料です。

ZOOMウェビナー(チャット利用可・Q&Aでの質問可能)
https://us06web.zoom.us/j/87633916881?pwd=SUFxNTh5L2RuZHVDV2hQRGhrK0xSZz09
パスコード:790681

YouTubeLive
https://youtu.be/b_7Th_EL_28

お申込みはこちら

 

【登壇者プロフィール】

金澤 洋(かなざわ・ひろし)
著者/株式会社三井住友銀行 リテールIT戦略部 デザインコンサルタント

武蔵野美術大学大学院工芸工業デザインコース(テキスタイルデザイン)修了。美術講師、造形作家、フリーのWebデザイナーを経て制作会社に入社。通信キャリアや省庁等のUIデザイン、ネット系銀行のオンサイト業務立ち上げ時から常駐し、IB、アプリ等デザインを担当。2016年、三井住友銀行1人目のデザイナーとして入行。HCD-Net 人間中心設計専門家。

 

金子直樹(かねこ・なおき)
著者/株式会社三井住友銀行 リテールIT戦略部 デザインコンサルタント

2006年、知人と起業。ECサイトの運営や、Webサイト・アプリの企画・制作を担当。その後デジタルマーケティング会社に入社し、Webサイトの企画・制作・運用業務を経て、2017年、三井住友銀行に入行。UI/UXを専門領域として、既存サービスの改善や、新規プロダクトのデザインリードを担当。社内へのデザイン浸透も行っている。

 

米本滉貴(よねもと・ひろき)
株式会社三井住友銀行 リテールIT戦略部

大学卒業後、三井住友銀行に入行。リテール部門にてウェルスマネジメント業務に従事した後、本部のIT戦略企画部署へ異動。
PMOとしてシステム開発を担当し、現在は、デザインチームの体制強化やデジタルマーケティングの環境整備などを推進。