リエゾンセンター・ライブラリーのブックイベント
書籍『アイデアとか デザインとか』トークイベント「アイデアとか デザインとか 経営学とか」

 

「リエゾンセンター・ライブラリー」は、東京ミッドタウン・デザインハブ内に月10日ほど不定期でオープンするデザインライブラリー。
「リエゾンセンター・ライブラリーのブックイベント」として、ライブラリーに届いたデザイン関連の新刊本の著者の方などをゲストにお迎えし、書籍やそのテーマを深掘りするトークイベントを開催しています。今回は、会場(インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター)とYoutube配信での開催です。

今回は、2022年11月に翔泳社から出版された書籍『アイデアとか デザインとか』を軸に、著者であるクリエイティブユニットTENTの青木氏と治田氏、そしてゲストに静岡大学工学部で経営学を教える本條晴一郎氏を迎え「デザイン思考」や「意味のイノベーション」だけでは捉えきれていなかった「デザインやアイデアとその周辺にある重要なポイント」について語り合いながら探っていきます。
アイデアやデザインに興味のある学生さん、ビジネスや経営において創造性を発揮することに興味のある社会人の方など、どなたでもお気軽にご参加ください。

 

【刊行書籍の案内】

『アイデアとかデザインとか』
発行:翔泳社
著者:青木 亮作(TENT)
定価:1,980円(本体1,800円+税10%)
発売:2022年11月4日
A5変・256ページ
ISBN:9784798175430
*リエゾンセンターライブラリーでお読みいただけます。

書籍『アイデアとか デザインとか』トークイベント
「アイデアとか デザインとか 経営学とか」

開催日時:2023年 2月15日 (水) 19:00 – 20:30
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京ミッドタウン・デザインハブ内)
会場定員: 50名

YouTubeLive配信:
https://youtu.be/67bFAKlScwE
*当日こちらから直接ご視聴ください。

お申し込みはこちら

 

【登壇者プロフィール】

[左] 青木 亮作(あおき りょうさく)
1979年、名古屋生まれ。オリンパスイメージング株式会社、
ソニー株式会社にて録音機器やカメラ、PCおよび周辺機器のプロダクトデザインをはじめ商品戦略や企画を行う。
2011年にTENTを設立。NHK Eテレ「へんしんダンコちゃん」にも参加。

[右] 治田 将之(はるた まさゆき)
デザイン事務所、生活雑貨メーカー勤務を経て、フリーランスとして家電機器、インテリア用品を中心にプロダクト、パッケージ、カタログまで多岐にわたるデザインを手がける。2011年にTENTを設立。

TENT
2011年に治田将之と青木亮作の2人によって結成され活動を開始したクリエイティブユニット。
製品企画からブランディングまで行い、STAN. by zojirushi、DRAW A L INE、フライパンジュウなど、各企業にとって転換点となる大ヒット製品を数多く手がける。
ドイツのiF DESIGN AWARD金賞をはじめ、GOOD DESIGN AWARD BEST100、Red Dot DesignAwardなど国内外のデザイン賞を数多く受賞している。

___

photo:Ayane Shindo

本條 晴一郎(ほんじょう せいいちろう)
静岡大学学術院工学領域事業開発マネジメント系列准教授
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻および法政大学大学院経営学研究科経営学専攻修了。博士(学術)および博士(経営学)。力学系理論、複雑系科学、脱植民地化等の研究を経て、現在はユーザーイノベーション、市場創造としてのソーシャルイノベーション、それらを支えるデジタル技術の利用およびブランディング等の経営学的対象を、デザインリサーチおよびサイバネティクスを中心とした学際的な観点から研究している。近著に『消費者によるイノベーション』(千倉書房、2022年)など。