東京ミッドタウン・デザインハブ第44回企画展
JAGDAやさしいハンカチ展 Part 3 被災地からのことばのハンカチ展

〜東北の商店街で復興を支える方々の「言葉」をハンカチにデザインしました〜

東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会[以下JAGDA]、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ)は、2014年1月20日(月)から2月23日(日)まで、「被災地からのことばのハンカチ展」を開催します。

JAGDAは2011年より、東北復興支援プロジェクト「やさしいハンカチ展」を実施しています。
Part 1は、全国の会員デザイナーが東北の子どもたちへ励ましの気持ちを込めたハンカチをデザインし、全国で展示・販売。その収益で、7,332枚のハンカチを岩手・宮城・福島の小中学生にプレゼントしました。
Part 2では、同3県の小学生232名による絵をもとに会員がハンカチをデザイン。収益を4つの参加小学校へお届けし、鼓笛隊の復活や防災緑地の看板づくりなど、地域や学校、家族のために役立てる使い道を子どもたち自身が考えました。

今回は、岩手・宮城・福島の復興商店街に関わる方々よりお寄せ頂いた「ことば」を、会員デザイナーがハンカチにしました。それぞれの商店街では、店を失った店主たちや地元出身の若者、移住者やNPOスタッフなど、様々な方が集まり、町のにぎわいや地域のつながりを取り戻すべく尽力されています。会場では「ことば」のエピソードなども併せて展示し、収益は、各商店街にお届けします。
震災から3年、本展が改めて被災地へと想いを寄せるきっかけとなることを願っています。

東京展概要
・名称:東京ミッドタウン・デザインハブ第44回企画展
「JAGDAやさしいハンカチ展 Part 3 被災地からのことばのハンカチ展」
・英文名称:Tokyo Midtown Design Hub 44th Exhibition:
JAGDA Handkerchiefs for Tohoku 3 “Messages from Tohoku”
・会期:2014年1月20日(月)〜2月23日(日)11:00-19:00 会期中無休 入場無料
・会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
・主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
・企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

企画概要
・内容:岩手・宮城・福島の復興商店街に関わる201名の言葉をもとに、グラフィックデザイナー326名がデザインしたハンカチ326種類を展示・販売。
・仕様:45cm四方のハンカチ(綿100%/日本製)
・価格:1枚1,200円(税込・送料別)
・製作:株式会社ヤエザワ
・販売:会場即売およびJAGDA Online Shopからの予約販売(2014年1月〜)。
・巡回:2014年1〜6月に全国巡回予定
*巡回・販売に関する詳細は、JAGDA公式サイトでご案内いたします。

参加商店街
2013年秋、東北3県の4つの復興商店街でアンケートを実施し、店主やその家族、NPO、ボランティアなど201名の皆さんに「いまの思い」をことばでお寄せ頂きました。ハンカチの販売収益は、各商店街に還元されます。
・岩手:陸前高田市「高田大隅つどいの丘商店街」
「陸前高田未来商店街」
・宮城:宮城郡七ヶ浜町「七の市商店街」
・福島:いわき市「夜明け市場・白銀小路」

メインビジュアル
メインビジュアル
(D:カイシトモヤ)

●お問い合わせ
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会 / JAGDA
107-6205  東京都港区赤坂9-7-1  ミッドタウン・タワー5F
Tel 03-5770-7509 Fax 03-3479-7509 hub@jagda.or.jp(事務局担当:工藤)