Facebook

    Twitter

      東京ミッドタウン・デザインハブについて
      「東京ミッドタウン・デザインハブ」 は、2007年4月に開設したデザインネットワークの拠点です。デザインのプロモーション・職能・研究教育という3つの異なる役割を担う機関が連携し、デザインによって 「人」「ビジネス」「知識」 を結びつけ、展覧会やセミナーの開催、出版などで情報を発信しています。

      続きを読む...

      構成機関
      • 公益財団法人 日本デザイン振興会(JDP)

        1969年設立。日本で唯一の総合的なデザインプロモーション機関として「グッドデザイン賞」の運営をはじめとした、各種のデザインプロモーションおよびコーディネーション事業を展開しています。

      • 公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

        1978年設立。現在2,900名の会員を擁する日本で唯一のグラフィックデザイナーの全国組織です。年鑑の発行、展覧会やセミナー、地域振興や公共デザイン、デザインの権利保護などの活動を展開しています。

      • 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ(D-LOUNGE)

        2012年4月開設。武蔵野美術大学は、美術家・デザイナーの養成に努め、日本の美術・デザイン教育の一翼を担ってきました。D-LOUNGEでは、企業・社会・大学がさらなるつながりを持つための人的交流の場を提供しています。

      • インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

        デザインを中心とした国際的な連携拠点として、国内外の産業界や研究教育機関、デザイン団体などとの連携により、活発な発表や交流の機会の創出、国際的な人材の育成を支援します。