東京ミッドタウン・デザインハブ第40回企画展
日本のグラフィックデザイン2013

東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会[以下JAGDA]、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ)は、2013年6月15日(土)より「日本のグラフィックデザイン2013」を開催いたします。
会員約2,900名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design In Japan』。2013年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物とモニタで展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。

●企画概要
名 称:東京ミッドタウン・デザインハブ第40回企画展「日本のグラフィックデザイン2013」
英文名称:Tokyo Midtown Design Hub 40th Exhibition: Graphic Design in Japan 2013
会 期:2013年6月15日(土)〜8月4日(日)11:00-19:00 会期中無休・入場無料
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)
主 催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会

●トークイベント(詳細・お申込みはこちら
年鑑『Graphic Design in Japan 2013』の制作に関わったグラフィックデザイナーや編集者、受賞者によるトークイベントを実施します。

第1回「年下の葛西薫くん」
日程:7月18日(木)19:00-20:30 *終了しました
ゲスト:葛西 薫(JAGDA賞2013受賞者)、菊地敦己・中村至男(JAGDA年鑑委員会)

第2回「グラフィックデザインの行方」
日程:8月2日(金)19:00-20:30
ゲスト:室賀清徳(デザイン誌「アイデア」編集長/年鑑2013巻頭言執筆者)、服部一成・田中良治(JAGDA年鑑委員会)

●年鑑『Graphic Design In Japan 2013』
厳正な選考を通過した約600点(1,500図版)を掲載。世界でも評価の高いグラフィックデザインの現在を伝えつつ、データベース性も持たせた、実用性の高いデザイン年鑑です。

掲載内容:亀倉雄策賞/JAGDA賞/新人賞/ポスター/ジェネラルグラフィック/CI・VI・シンボル・ロゴ・タイプフェイス・モーションロゴ/ブック・エディトリアル/パッケージ/雑誌広告/環境・空間/インタラクティブデザイン/映像/複合
体 裁:A4変型(天地280mm×210mm)/ハードカバー/ケース入/総472ページ
編 集:JAGDA年鑑委員会(服部一成/菊地敦己/中村至男/田中良治)
ブックデザイン:中村至男
編集・発行:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
発 売:株式会社六耀社/2013年6月
価 格:15,750円(税込)

●お問い合わせ
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
Tel. 03-5770-7509 Fax. 03-3479-7509 info@designhub.jp

*学校等、団体単位でのご観覧について
学校・クラス等の単位で観覧を希望される場合は、事前にご連絡ください。ご要望により担当者による解説もいたします。上記メールアドレスへ「学校または団体名」「ご希望の日時(複数候補)」「観覧人数」「代表者または引率者のお名前」「ご連絡先」「展覧会およびJAGDAの概要説明の希望の有無」をご記載ください。折り返しご連絡いたします。