東京ミッドタウン・デザインハブ第74回企画展
ゼミ展

近年、美大やデザイン専門学校以外でも、デザインが学べる大学や学校が増えてきていますが、それぞれの学校で学生たちが実際にどうデザインを学んでいるのか、過程を知る機会はあまりありません。「ゼミ展」では、様々な領域のデザインを学ぶ教育機関9校で実際に行われている10の課題内容と、その学生作品を展示します。各クラスやゼミで取り組まれている課題を通じ、学校ごとに異なるデザイン教育のアプローチや学生の視点の違いを紹介します。

会期:2018年9月1日(土)~9月24日(月・振休)11:00-19:00
会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
(構成機関/公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ)

●参加校(50音順)
京都工芸繊維大学 工芸科学部 デザイン・建築学課程 中野デザイン研究室
慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 石川初研究室
慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 鳴川肇研究室
女子美術大学 芸術学部 デザイン・工芸学科 ヴィジュアルデザイン専攻
多摩美術大学 Pacific Rim Project
東京藝術大学 美術学部 デザイン科
東京工芸大学 広告&ソーシャルデザイン研究室
東北大学 工学部 建築・社会環境工学科 都市・建築学コース 建築設計D(7セメスター授業)
法政大学 デザイン工学部 システムデザイン学科 インタフェースデザイン研究室
武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科

●関連イベント「ゼミ展 ギャラリーツアー&レセプション」
参加校の課題ご担当教員または出展学生の方によるギャラリーツアー。
一度に9校の10課題がわかる嬉しいイベント!
ギャラリーツアーの後、先生や学生の皆さま交えてのレセプション兼交流会も開催します。
どなたでもご参加いただけます。

開催日時:9月9日(日) ギャラリーツアー:午後2時スタート レセプション兼交流会:午後4時予定 
お申込みはコチラ