イノベーションを起こす「101のデザイン手法」 今、日本企業は欧米・中国・インドetc.で何をデザインすればいいのか?

インターナショナル・デザイン・リエゾンセンターでは、様々国内外の教育機関と連携したプログラムを展開しています。今回は加盟校の一つであるイリノイ工科大学によるセミナーを開催します。

 

イノベーションを起こす「101のデザイン手法」
今、日本企業は欧米・中国・インドetc.で何をデザインすればいいのか?

 

イリノイ工科大学デザイン大学院大学のヴィジェイ・クーマー教授が緊急来日、9月5日に東京ミッドタウン・デザインハブで特別講演会を開催します。

クーマー教授の著作「101 Design Method」は、欧米でもBRICsでもイノベーションを生むことのできるデザインメソッドを体系的に統合して、さまざまな企業人が、どのような状況でも最良のパフォーマンスを発揮できる戦略ツールとして支持されています。
今回の特別講演では、「101 Design Method」をベースに、コンサルタントとして数多くの企業でイノベーションを手掛けてきたクーマー氏による貴重なケーススタディがレポートされます。デザイン手法の実践例、その背景にある考え方、「リサーチ」「製品・サービス開発」「教育・組織開発」「戦略プランニング」への導入の仕方などが講義される予定です。

 

・イノベーションが必要な背景
・イノベーションのプロセスと成功に繋がる主な要素
・7つのモード(「意図を感知」、「コンテキストを知る」、「インサイトを構築」、「コンセプトを探索」、「解決策を構築」、「提供物を具現化」)と101の手法(一部)の紹介
・成功事例
・自企業内にどのように導入・定着させるか  ほか

 

日時:2013年9月5日(木)14:00 – 16:30 (開場 13:30)

会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京ミッドタウン・タワー5F  デザインハブ内)

参加費:5,000円(当日会場受付にて承ります)

主催:株式会社大伸社、DMN(ダイヤモンド・デザイン・マネジメント・ネットワーク機構)

協力:公益財団法人日本デザイン振興会

参加申込方法:株式会社大伸社の専用ページより事前登録

参加申込専用ページ: http://www.daishinsha.co.jp/seminar2/

 

講師紹介:

ヴィジェイ・クーマー氏
イリノイ工科大学デザイン大学院大学 教授

シカゴの戦略イノベーションコンサルティング会社ドブリン社にて、12年間、チーフ・メソドロジスト(手法開発責任者)として勤務後、現職。人間中心のデザイン・イノベーションをいかに起こし、組織に導入・定着させるかに焦点を当て、長年その手法の開発と研究を行っている。