サンダース教授来日記念 国際デザインセミナー
コ・デザイン:未来デザインのマインドセット・メソッド・テクニック

製品・サービスの差別化はますます難しくなり、イノベーションを生み出す組織が求められる一方、顧客や消費者は単なる購入者だけではない位置付けになっている今、世界的に多くの分野で製品・サービスの開発や組織のイノベーションに改めて「コ・デザイン」の手法が注目されています。過去30年近くにわたり、世界的第一人者としてコ・デザイン分野を牽引されてきたリズ・サンダースさんに、具体的手法や事例と共に、コ・デザインの今を紹介いただきます。

サンダース教授来日記念 国際デザインセミナー
コ・デザイン:未来デザインのマインドセット・メソッド・テクニック
日 時 12月17日(水)14:00〜16:00
会 場 インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
(東京ミッドタウン・デザインハブ内)
参加料:5,000円(税別)※逐次通訳あり
主 催 ダイヤモンド・デザイン・マネジメントネットワーク機構)、株式会社大伸社
協 力 公益財団法人日本デザイン振興会

参加申込みはこちら
http://www.mctinc.jp/lp/seminar_20141217/

リズ・サンダース Elizabeth B.-N. Sanders
オハイオ州立大学デザイン学部准教授、Make Tools社 社長
共創やイノベーションにフォーカスしたデザインリサーチ分野の世界的第一人者として長年Co-designの研究・実践を行い、数多くの手法・技術・ツールをデザイン界とアカデミアに紹介。Apple, GE, P&G, Coca Colaなど多くのLeading companyのコンサルも手がける。近著に「Convivial Toolbox」がある。