東京ミッドタウン・デザインハブ第50回企画展「おいしい東北パッケージデザイン展 in Tokyo」
オープニングトーク「東北の現場とデザイン」

おいしい東北パッケージデザイン展 in Tokyo」は、昨年仙台で開催された「おいしい東北パッケージデザイン展2014」の巡回展です。同展は、東北経済産業局による「平成26年度TOHOKUデザイン創造・活用支援事業」として開催されました。デザインハブの会期初日となる3月6日、同局にて本事業を推進する木村氏、仙台を拠点に東北の食産業の活性化を支援する三輪氏、そしてコンペの審査員を務めた左合氏を迎え、東北の食産業とデザインの現状を考えます。

日 時:3月6日(金)18:00-19:30
会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(デザインハブ内)
スピーカー:木村 潤(東北経済産業局)、三輪宏子(FMS綜合研究所)、左合ひとみ(左合ひとみデザイン室)
進 行:福島 治(福島デザイン)
参加費:無料(定員100名/要申込)

*定員に達したため、申込受付を終了いたしました。
 お立見でのご参加は可能です。会場へ直接お越しください。

*トーク終了後、レセプションを開催いたします(19:45-20:45予定)。
 レセプションからのご参加も可能です(事前申込不要)。