デザイナーからの発信 マチオモイ帖 に見る広がりと可能性

ソーシャルメディアや表現ツールの発達により、個人が自由に発信できる環境となった今、デザイナー個人も今までにない場づくりや出版、プロジェクト活動等を積極的に行っています。

東日本大震災の年に生まれた「マチオモイ帖」プロジェクトは、日本各地のクリエイターが、自分自身にとって大切な町やそこに住む人への想いを、冊子や映像に綴り届ける活動です。
展示会を重ねるごとに全国で共感を呼び、総作品数は今年1,000帖を超え、公共機関とのさまざまなコラボレーションも生まれています。

そこで、「マチオモイ帖」 の歩んできた5年間を振り返りながら、クリエイティブシーンで活動が注目されているグラフィックデザイナーの視点から、「マチオモイ帖」のもつ魅力や、デザイナー個人が発信する意味やその可能性について探るイベントを、11月26日(木)に開催します。

当日は、これまでの「マチオモイ帖」作品の展示も行います。また、ご来場の方には「ゆうちょカレンダー 2016」をプレゼントいたします。

デザイナーからの発信
マチオモイ帖 に見る広がりと可能性
日時:11月26日(木) 19:30〜21:00 (終了後、別会場にて懇親会を開催予定)

出演:
松下 計氏
(松下計デザイン室 / Earth & Salt 主宰 / 東京芸術大学教授)
福島 治氏
(福島デザイン主宰 / 東京工芸大学教授)
清水柾行氏
(aozora代表 / わたしのマチオモイ帖制作委員会 /大阪芸術大学客員教授)

会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

費用:無料(懇親会は実費)

参加申込:http://www.mebic.com/event/5394.html

主催:大阪市、クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町、わたしのマチオモイ帖制作委員会