東京ミッドタウン・デザインハブ第57回企画展
「おいしい東北パッケージデザイン展2015 in Tokyo」オープニングトーク

「おいしい東北パッケージデザイン展」では、優秀作品の実用化までをサポートしています。2014年度は、対象10商品のうち7商品が新デザインで販売を開始し、1商品がリニューアルを進行中です。本事業の仙台事務局として企業との窓口を担当する三輪氏を聞き手に、2014年度の受賞デザイナー3名と共に実用化までの経緯や苦労話を振り返り、地域におけるパッケージデザイン開発の課題や可能性を考えます。

●オープニングトーク「3商品実用化の現場から」
日 時:3月11日(金)
18:00–19:30 オープニングトーク
19:45–20:30 レセプション
会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(デザインハブ内)
スピーカー:
大谷啓浩[青森「apprimo」/東京・東洋製罐グループホールディングス(株)]
小野貴人[宮城「みちのく塩辛」/宮城・高速シーパック(株)]
平野達郎[岩手「食楽(くら)ポン酢」/東京・-trope. ]
聞き手:三輪宏子[(株)FMS綜合研究所]
進 行:福島 治[JAGDA展覧会委員長)
参加費:無料(定員100名/要予約)

*事前のお申込は締め切りました。参加希望の方は、直接会場へお越しください。

●登壇者プロフィール
大谷啓浩/東洋製罐グループホールディングス(株)
コンセプトシーãƒ? りんご
東洋製罐グループホールディングス(株)
マーケティングセンター コミュニケーション・デザイングループ リーダー

小野貴人/高速シーパック(株)
コンセプトシーãƒ?å¡©è¾
1984年宮城県仙台市生まれ。利府高等学校卒。現日本デザイナー芸術学院仙台校卒。2005年高速シーパック株式会社入社。

平野達郎/-trope.
B
1984年生まれ。2006年ICS College of Arts卒業。Tokyo TDC賞2014入選、「Graphic Design in Japan 2014」入選、Tokyo ADC賞2013入選、パッケージデザイン大賞2015入選。

三輪宏子/(株)FMS綜合研究所 代表
画像 307
慶應義塾大学卒業後、西武百貨店商品開発室にてマーケティング業務に従事し、その後、商社、外食グループ等で商品開発や生産地開発等に携わり、2005年、(株)FMS綜合研究所を創立。東北を中心に数々の地方の食材のブランド商品開発支援事業、被災地の産業復興調査等に携わり、地方の食産業活性化を目指す。

福島 治/グラフィックデザイナー・有限会社福島デザイン 代表
ƒvƒŠƒ“ƒg
1958年広島生まれ。日本デザイナー学院広島校卒。浅葉克己デザイン室、ADKを経て、1999年福島デザイン設立。デザインにおける社会貢献の可能性を探求、実践する。世界ポスタートリエンナーレトヤマ・グランプリ、メキシコ国際ポスタービエンナーレ第1位、カンヌ広告フィスティバル・金賞など国内外の30以上の賞を受賞。東京タイプディレクターズクラブ(TDC)、JAGDA、国際グラフィック連盟(AGI)会員。東京工芸大学教授。