地域×デザイン2017 -まちが魅えるプロジェクト-
【地域×デザイン2017】東北×デザイン

東京ミッドタウン・デザインハブ 第63回企画展

地域×デザイン2017 -まちが魅えるプロジェクト-

 

地域の特色を活かした活動や、先進的取り組みをおこなう地域のキーマンや自治体のリーダーにお越しいただき、トークイベントを連日開催します。詳細が決まり次第、FacebookページおよびPeatixにて、ご紹介していきます。ぜひご参加ください。

 

ポスター

東京ミッドタウン・デザインハブ 第63回企画展
地域×デザイン2017 -まちが魅えるプロジェクト-

2017年2月13日(月)17:00-19:00

テーマ:東北×デザイン

2011年3月の東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地域。復興に向けたさまざな取り組みが行われていますが、特にデザインの力によって地域づくり、人づくりで注目を集めているプロジェクトをご紹介します。

プログラム1
17:00-17:50 こどもたちと地域の明日をつくる「モリウミアス」
公益社団法人MORIUMIUS 理事/フィールドディレクター 油井元太郎

「モリウミアス」は、自然とそこで暮らす人から学ぶ施設として2015年7月にオープンしました。「森と、海と、明日へ。こどもと町の未来をみんなでつくる」ことを目指し、サステナブルに生きる力を育む体験プログラムを通年提供しています。東日本大震災により町の8割が壊滅した宮城県石巻市雄勝町の高台に残る築93年前の廃校再利用し、朽ちた柱は家曳き職人や隈研吾氏などのプロフェショナルによって再生しました。 地元のこどもや国内、海外のこどもが集まり、震災を経験するもたくましく生きる住民や世界から集まるプロフェショナルとの交流が育まれています。

プロフィール:油井元太郎
1975年東京生まれ。幼少からアメリカで生活。アメリカ合衆国ペンシルバニア州レバノンバレー大学音楽学部 卒業後、ニューヨークで音楽の仕事に携わる。1999年より日本テレビにてMLB、NFL、IRLといったアメリカンスポーツを日本へ放送。退社後2004年9月にキッザニアを日本に導入する株式会社キッズシティージャパンの設立に関わる。以後コンテンツ開発をはじめとする施設の開発を担当。2006年10月キッザニア東京を開業、以後年間80万人の来場者に楽しい学びを提供。ライフワークとしてこどもの教育や食文化発展、生産者支援、自然環境保全などに取り組む。

プログラム2
18:00-18:50 木のおもちゃから拡がる南会津の資源活用と地域づくり(仮)
マストロジェッペット 富永周平

福島県南会津で、デザイナーや製材業、木工職人など、木材利用の川上から川下までが連携して会社を設立。「木のおもちゃ」の製造販売を通した林業再生に取り組んでいる。南会津を「木の町」「おもちゃの町」として盛り上げる、マストロ・ジェッペットの取り組みを紹介します。

会場
東京ミッドタウン・デザインハブ
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F

主催
東京ミッドタウン・デザインハブ

企画運営
日本デザイン振興会、事業構想大学院大学

参加費
無料

定員
100名(定員になり次第締め切ります)

※スケジュールや発表内容が変更されることがあリます。
※トークイベントは事前のお申し込みが必要です。
※上記以外にも連日開催の予定です。下記にて随時更新しています。

モリウミアス

モリウミアス

公益社団法人MORIUMIUS 理事  油井元太郎

マストロジェッペット

マストロジェッペット

マストロジェッペット

 

公式ウェブサイト
公式Facebook