『持続可能な地域のつくり方』出版記念セミナー

長期的かつ住民主体の地域づくりはどうすれば可能なのか?
持続可能な地域づくりを実現するための経済のあり方とは?
経済のプロフェッショナルである藤野英人氏をゲストに迎え、来場者の皆さんと共に持続可能な社会と未来を考えます。

 

 

内容

19:00 キーノート
『持続可能な地域のつくり方』
著者 NPO issue+design 代表 筧 裕介

 

19:45 ゲストトーク
「投資家が見る地方・地域のチャンス」
レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長 最高投資責任者 藤野 英人

 

20:30 トークセッション
筧 裕介 meets 藤野 英人
(モデレーター:公益財団法人日本デザイン振興会 矢島進二)

 

21:00 チェックアウト

│開催概要│

日時:2019年7月8日(月)19:00-21:00(受付開始 18:30)

会場:Tokyo Midtown 「DESIGN HUB」インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
(〒107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

定員:抽選で50名

参加料:定員を無料招待

主催:issue+design

協力:公益財団法人日本デザイン振興会

申し込み方法・申込先:https://forms.gle/e9Vq7unUn12D26RS6

お問い合わせ先:issue+design セミナー事務局 info@issueplusdesign.jp

 

プロフィール:
藤野 英人 レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長・最高投資責任者1966 年富山県生まれ 。早稲田大学法学部卒 。国内・外資大手投資運用会社でファンドマネージャーを歴任後 、2003年レオス・キャピタルワークスを創業 。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資教育にも注力しており、明治大学商学部兼任講師、JPXアカデミーフェローを長年務める。一般社団法人投資信託協会理事 。主な著書に『 投資家が「お金」よりも大切にしていること 』(星海社新書)、『 投資レジェンドが教える ヤバい会社』(日経ビジネス人文庫)、『さらば、GG資本主義投資家が日本の未来を信じている理由 』(光文社新書)。「ひふみ投信」は2016年度グッドデザイン賞受賞。

筧 裕介 特定非営利活動法人 イシュープラスデザイン 代表
1975年生まれ 。一橋大学社会学部卒業 。東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。2008年ソーシャルデザインプロジェクト issue+designを設立 。以降、社会課題解決のためのデザイン領域の研究、実践に取り組む 。代表プロジェクトに、東日本大震災のボランティアを支援する「できますゼッケン」、妊娠・出産・育児を支える「親子健康手帳」、300人の地域住民とともに未来を描く「みんなでつくる総合計画」、認知症とともにより良く生きる未来をつくる「認知症未来共創ハブ」他 。日本計画行政学会、学会奨励賞、グッドデザイン賞、D&AD(英)他受賞多数 。著書に『ソーシャルデザイン実践ガイド 』、『人口減少×デザイン』、『地域を変えるデザイン』など 。