まちライブラリー@リエゾンセンター・ライブラリー
オススメ書籍の持ち寄り読書会 Vol.02 「夏に読んだオススメの本」

「リエゾンセンター・ライブラリー」は、東京ミッドタウン・デザインハブ内にオープンした不定期のデザインライブラリー。過去と現在と未来を、街と人を、デザインでさまざな領域を「つなげる」がテーマのデザイン×ブックライブラリーです。
当ライブラリーでは、今後「デザインと本」に関するイベントを開催していきます。

「まちライブラリー」は、「本」を持ち寄ってメッセージを付け、本を通して「人」と出会おうという活動。
このイベントは、毎月決まったテーマでオススメ本を持ち寄って、そのオススメポイントをご紹介いただき、興味をひかれる本を交換して読みながら、リエゾンセンター・ライブラリーの中に「みんなの選書によるライブラリー」をつくっていこう、という企画です。

 

第2回目の8月は、「夏に読んだオススメの本」をテーマに募集します。

8月も終盤、今年の夏の記憶の中にある一冊は、どんな本ですか?
夏に旅した場所、夢中になった趣味など、、今年の夏に読んだ本と思い出を教えてください。お茶を飲みながら持ち寄った本についておしゃべりするひと時を過ごしませんか?

開催概要

◯日時:2019年8月24日(土)13:00–14:00

◯会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

◯定員:10名

☆参加無料・お茶&お菓子つき
☆オススメの書籍を1冊以上をお持ちください

詳細・お申し込みはちら

 

※なお、通常のリエゾンセンター・ライブラリーの蔵書は閲覧専用・お貸出し不可ですが、このイベントでお持ちよりいただいた本は原則としてご寄贈いただき、その後「まちライブラリー」として来場者された方に無料お貸出しを行ないます。あらかじめご了承ください。