リエゾンセンター・ライブラリーのブックイベント#06
“本を通して人とつながる”「ライブラリーのつくり方」トーク&ワークショップ

リエゾンセンター・ライブラリー」は、東京ミッドタウン・デザインハブ内にオープンした不定期のデザインライブラリー。
過去と現在と未来を、街と人を、デザインでさまざな領域を「つなげる」がテーマのデザイン×ブックライブラリーです。

 

今回は、人が本と出会う体験を企画・デザインする book pick orchestra 代表の川上洋平氏をお招きし、ライブラリーや、本と出会う場を作るためのトーク&ワークショップを開催します!

 

 

本を使った新たな体験・本と人が出会う愉しみのつくり方を体験するトーク&ワークショップです。
ライブラリーの運用に悩まれている方はもちろん、
ふだんあまり本を読まないという方でも、お気軽にご参加ください。

 

『本は読む人がいて初めて、その価値が生まれます。
また、一冊の本には数多くの側面があり、ジャンル、カテゴリというのはその最も印象的な一部分や全体を要約したものにすぎません。
そして手に取るのが誰かによって、その本の輝く場所は全く違います。
その人の経験や体験に基づく記憶、今までの人生によって、一冊の本のどこかが輝き、
その輝きがまたその人を照らし、本を介さなければ見えなかった大事なことに気づくことができます。

今回のイベントでは、まずは簡単なワークショップで、本の新しい捉え方、接し方を体験していただけたらと思っています。
また、その体験を通して、「本を読む」とはどういうことか、本を通して人とつながっていく考え方など、
お話させていただければと思っています。』

 

■こんな人におすすめ
・人が集うライブラリーづくりに関心のある方
・本と人の関係を考えてみたい方
・ライブラリー、本のある場のあり方に興味のある人
・コミュニティデザインに興味ある方

 

■参加に際してお願い
みなさんのお気に入りの本を1冊だけお持ちください。
ジャンルや判型はどんなものでも構いません。絵本でもマンガでもよいです。
もし迷われたらより思い入れのある本、自分と関わりの深い本をお選びください。
イベント終了後はもちろんお持ち帰りいただけます。

■開催概要

日時:11月14日(木) トーク&WS 19:00~20:30 交流会 20:30〜(ドリンク・スナックあり)

会場:東京ミッドタウン・デザインハブ内
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(ミッドタウン・タワー5F)

定員:40名

参加費:無料

お申し込みはこちらから

■ゲスト

川上 洋平
book pick orchestra代表、ブックセレクター

新たな本の魅力をさがし、人と本が出会う場所や時間をつくる「book pick orchestra」代表。
FARO青山、HAPON新宿、STARNET(益子)など、ギャラリーやオフィス空間、カフェ、展示に合わせた本棚の選書をはじめ、ひとりひとり話を聞きながら本を選ぶSAKETO BOOKSなど、本を選ぶだけではなく、さまざまな場所で人と本が出会う体験を企画・デザインしている。