リエゾンセンター・ライブラリーのブックイベント
オススメ書籍の持ち寄り交換会「本棚整理で出てきた本」

「リエゾンセンター・ライブラリー」は、東京ミッドタウン・デザインハブ内にオープンした不定期のデザインライブラリー。
過去と現在と未来を、街と人を、デザインでさまざな領域を「つなげる」がテーマのデザイン×ブックライブラリーです。
ライブラリー情報はこちらから。リエゾンセンターライブラリーでは、今後「デザインと本」に関するイベントを開催していきます。

<まちライブラリー@リエゾンセンター・ライブラリー オススメ書籍の持ち寄り交換会 「本棚整理出てきた本」>

 

このイベントは、ある決まったテーマでオススメ本を持ち寄って、そのオススメポイントをご紹介いただき、興味をひかれる本を交換して読みながら、リエゾンセンター・ライブラリーの中に「みんなの選書によるライブラリー」をつくっていこう、という企画です。

 

今回は本年のラスト営業に合わせ、「本棚整理出てきた、今年読んだ思い入れある一冊」をテーマに本を募集します。

大掃除の季節、本棚も整理して来たる年に読む新しい本に備えて余白を作っておきたいですよね。
とはいえ、すぐ処分するのも遣る瀬無い…手の届くところに置いておきたい… そんな本を、まちライブラリーでお預かりします!

 

なお、このイベントでお持ちよりいただいた本はまちライブラリーにご寄贈いただくこととし、その後、ライブラリーに来場者された方に自由にお読みいただくことができます。あらかじめご了承ください。

開催概要:

日時:2019年12月28日(土) 14:00-16:00
*14時から持ち寄っていただいた本の紹介を開始。終了次第、自由解散になります。
*会合へは不参加(本の寄贈のみ)の方は、16時までにお越しください。
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

■ 定員:15名
■ 参加無料・お茶&お菓子つき
■ 書籍をお持ち寄りください(ジャンル問わず)。

お申し込みはこちらから

 

まちライブラリー」とは?:

「本」を持ち寄ってメッセージを付け、本を通して「人」と出会おうという活動。
スペースに集う人々がイベントなどを通じて本を持ち寄り日々育てる「蔵書0冊からのライブラリー」として、シェアオフィスの本棚から蔵書1万5千冊を超える図書館まで、国内外の600カ所以上で展開されています(2013年グッドデザイン賞受賞)。