感情を伝える形と音 – thatgamecompanyがゲームというメディアに夢見る世界

『Flowery』『風ノ旅ビト』『そしてSky 星を紡ぐ子どもたち』ー常に独創的な作風でゲームファンや業界のみならず、アートの分野でも高く評価されるthatgamecompany。カリフォルニアを拠点とする、わずか30名ほどのゲームスタジオです。今回は、アートとサウンドの表現を支える日系クリエイターが来日し、ビデオゲームというメディアで世界中の人々をつなげる挑戦について話します。国外でのゲーム制作の現場について聞くことができる、貴重な機会です。
人の感情を動かすクリエイティブとは何か?チームでのものづくりに関心がある方、国外でのクリエイティブ活動に興味がある方、みなさんのご参加をお待ちしています。

日 程:
2020年1月24日 (金)

時 間:
<第一部>17:00-18:30
<第二部>19:00-20:30 *各回、内容は同じです

講 師:
水谷 立 Ritsu Mizutani (thatgamecompanyリードオーディオデザイナー)
吉野 令佳 Reika Yoshino (thatgamecompany3Dアーティスト・アートチームマネジャー)

会 場:
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
(東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階)

申込み方法:
ページ下部のボタンよりお申し込みください。別ページに移動します。

定 員:各回50名

参加料:無料

主 催:
thatgamecompany、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ

講師プロフィール:

水谷 立 Ritsu Mizutani リードオーディオデザイナー
Sky 星を紡ぐ子どもたち 効果音デザイン、実装含むエンジニアリング全般を担当。日本市場担当兼任。thatgamecompany参加以前はSquare EnixにてFinal Fantasy、Dragon Quest等のサウンドディレクターを歴任。

吉野 令佳 Reika Yoshino 3Dアーティスト・アートチームマネジャー
ペンシルバニア大学卒、アート/コンピューターサイエンス専攻。thatgamecompanyではアートチームマネジャーを務め、チームマネジメントに携わる傍ら、背景3Dアート、キャラクターデザイン、衣装デザイン、UIデザインなど幅広いスキルでスタジオのビジュアル表現を支える。
お申込はこちら