未来の学校祭 2020
脱皮トーク|Out of the Box 1:自分自身からの脱皮

未来の学校祭は、東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカによる未来の社会をみんなで考える新しいお祭りです。アーティストによる社会への問いかけをきっかけに、さまざまなクリエイターや企業、ショップが来場者とともに、未来の社会を考えます。


◎脱皮トークとは
今、様々な分野で新しいアイデアを用いながら、社会の問題を超えようとする試みが行われています。アーティストが社会に投げかける問いはどのように生まれているのか?Ars ElectronicaとEUが軸となって文化と産業の双方を刺激する取り組みとは?2月に開催されるフェスティバルは東京をどう脱皮させるのか、脱皮のための試みを、様々な角度から語り尽くします。

 

 

アートは、既成概念という箱から脱出するために、時として、閉じこもった私たち自身をあらわにしたり、そこから脱出する機会を作ってくれます。このセッションは「脱皮ルーム」で展示するアーティストたちの活動を通して「自分自身からの脱皮」をテーマに議論を深めます。

▼開催概要

日時:2月22日(土) 16:30-18:00[開場 16:10]
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(ミッドタウン・タワー5F TokyoMidtown DESIGN HUB内)
※受付にてお名刺を頂戴いたします。
※英語は日本語に逐次通訳されます

お申込はこちら

 

▼スピーカー

Louis-Philippe Rondeau|ルイ=フィリップ・ロンドー
Artist

Moritz Wehrmann |モーリッツ・ヴェアマン
Artist

AKI INOMATA |アキ・イノマタ
Artist

 

▼モデレーター

小川絵美子|Emiko Ogawa
プリ・アルスエレクトロニカ・ヘッド