未来の学校祭 2020
脱皮トーク|FUN DRIVENが世界を変える ~日常を変える実践~

未来の学校祭は、東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカによる未来の社会をみんなで考える新しいお祭りです。アーティストによる社会への問いかけをきっかけに、さまざまなクリエイターや企業、ショップが来場者とともに、未来の社会を考えます。


◎脱皮トークとは
今、様々な分野で新しいアイデアを用いながら、社会の問題を超えようとする試みが行われています。アーティストが社会に投げかける問いはどのように生まれているのか?Ars ElectronicaとEUが軸となって文化と産業の双方を刺激する取り組みとは?2月に開催されるフェスティバルは東京をどう脱皮させるのか、脱皮のための試みを、様々な角度から語り尽くします。

 

 

21世紀、人はどう遊び何と繋がるのでしょうか。人類は自然の中に人間性を見出してきたように、テクノロジーが生み出す自律的なモノや環境との対話の中に新たな人間性を見いだし始めています。そこで生まれる新たな言語は、どんな社会と新たな共同体を生み出すのでしょうか。このセッションでは、デジタル時代の新たなコミュニケーションを探求するキーパーソンたちが、楽しい未来の発明の仕方について議論します。

▼開催概要

日時:2月24日(月) 19:00-20:30[開場 18:40]
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(ミッドタウン・タワー5F TokyoMidtown DESIGN HUB内)
※受付にてお名刺を頂戴いたします。
※英語は日本語に逐次通訳されます。

お申込はこちら

 

▼スピーカー

Veronika Liebl|ヴェロニカ・リーブル
アルスエレクトロニカ・ディレクター・オブ・ヨーロピアン・コオペレーション

田中れな|Rena Tanaka
株式会社博報堂 ブランド・イノベーションデザイン局 クリエイティブプロデューサー

田中元子|Motoko Tanaka
株式会社グランドレベル 代表取締役社長

荒明浩一|Koichi Araake
株式会社バンダイナムコ研究所 イノベーション戦略本部 フューチャーデザイン部

 

▼モデレーター

小川秀明 |Hideaki Ogawa
アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ・共同代表