東京ミッドタウン・デザインハブ・キッズワークショップ2020
織物の街、八王子の染工房から出る呉服用柄見本を使ってしおりやマスクを作ろう!

昭和30年代に八王子で伊勢型紙を使い型染めによって作られた呉服用柄見本を再利用してしおりやマスクを作ります。

日時:9月5日 (土)
(1) 10:00 – 11:00
(2) 11:30 – 12:30
(3) 13:30 – 14:30
(4) 15:00 – 16:00

会場:東京ミッドタウン・デザインハブ ギャラリー
東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階 (デザインハブ内)

参加費:無料

定員:各回2組 (計8組)
*1組上限4名まで。5名以上の場合はご相談ください。

対象:年齢制限なし (未就学児は保護者同伴)

申込方法: ページ下部のボタンよりお申込み下さい。(Peatixページへ移動します)

実施主体:
東京造形大学岩瀬ゼミナール + 一般社団法人Spedagi Japan

*時間内であれば「しおり」と「マスク」制作の両方お楽しみいただけます。

*東京ミッドタウン・デザインハブでは、感染拡大予防ガイドラインを踏まえ、常時換気の実施や施設内の設備消毒といった措置を講じ、施設を再開しております。検温してのご来場、マスクの着用、入退場時の手指消毒、展示品に触れない、適切な人間距離の確保といった対策にご協力をお願いします。

申込みはこちら