リエゾンセンター・ライブラリーのブックイベント
『クロノデザイン 空間価値から時間価値へ』出版記念オンライン座談会 内藤廣×浅見泰司×赤松佳珠子×山本佳世子×和田章

リエゾンセンター・ライブラリーは、東京ミッドタウン・デザインハブ内にオープンした不定期のデザインライブラリーです。今回は、「クロノデザイン 空間価値から時間価値へ」の出版を記念して、編者の内藤廣氏はじめ、著者の皆さんによる座談会をオンライン開催いたします。

 

 

新刊『クロノデザイン』の著者たちが語る「クロノデザイン」とは。
建築・都市・土木・情報の学識経験者で構成された日本学術会議「都市・地域とデザイン分科会」の20名のメンバーによる3年間の活動を総括する議論が書籍化されました。
折しもコロナ禍となり、コロナ後の社会へのヒントが数多く含まれている本書について、5名の編者・著者らが語ります。

 

【書籍紹介】

クロノデザイン 空間価値から時間価値へ
内藤廣 編
浅見泰司・赤松佳珠子・山本佳世子・和田 章・伊藤香織・小野 悠・嘉門雅史・ 神吉紀世子・城所哲夫・木下 勇・斎尾直子・坂井 文・田井 明・竹内 徹・林 良嗣・福井秀夫・船水尚行・南 一誠・保井美樹 著
出版社:彰国社
2020年11月

20世紀は資本主義の経済倫理を背景に、限りない空間占有を追い求めた世紀であった。
21世紀はどのように変質するのだろうか。本書では、空間価値から時間価値にシフトした「クロノデザイン」を掲げ、建築・都市・土木・情報という4領域での議論を通じて、その輪郭を浮き彫りにする。

【開催概要】

日時:2020年12月21日(月) 19:30-20:30 *zoom開場 19:25
Zoomウェビナー&YouTubeLiveで実施

参加費:無料

お申し込みはこちら

【講師】

撮影:中川敦玲

<左から>
内藤 廣|ないとう・ひろし
建築家、東京大学名誉教授。1950年、神奈川県生まれ。1976年、早稲田大学大学院修士課程修了。1981年、内藤廣建築設計事務所設立。2002年、東京大学大学院教授。おもな作品=「海の博物館」「牧野富太郎記念館」「島根県芸術文化センター」「東京メトロ銀座線渋谷駅」ほか。

浅見泰司|あさみ・やすし
東京大学大学院教授。1960年、東京都生まれ。1982年、東京大学工学部都市工学科卒業。1987年、ペンシルベニア大学地域科学専攻博士課程修了(Ph.D.)。2001年、東京大学空間情報科学研究センター教授。2012年より工学系研究科教授。2020年、同大学副学長、日本計画行政学会会長。

赤松佳珠子|あかまつ・かずこ
建築家、法政大学教授。東京都生まれ。1990年、日本女子大学家政学部住居学科卒業後、シーラカンスに加わる。2002年、パートナー着任。2005年、CAtに改組。2016年より法政大学教授。おもな作品=「宇土市立宇土小学校」「流山市立おおたかの森小・中学校」ほか。

山本佳世子|やまもと・かよこ
電気通信大学大学院教授。香川県生まれ。1992年、お茶の水女子大学文教育学部地理学科卒業。1994年、同大学大学院人文科学研究科修了。1999年、東京工業大学理工学研究科社会工学専攻博士後期修了。博士(工学)。2006年、電気通信大学大学院准教授。2019年より現職。

和田 章|わだ・あきら
東京工業大学名誉教授。1946年、岡山県生まれ。1968年、東京工業大学理工学部建築学科卒業。1970年、同大学大学院修士課程修了後、日建設計に勤務。工学博士。1982年、東京工業大学助教授を経て、1989年、同大学教授。2011年、日本建築学会会長。おもな受賞=日本建築学会大賞。