リエゾンセンター ・ライブラリーのブックイベント
「デザインでひもとく葛飾北斎」- 「北斎のデザイン 冨嶽三十六景から北斎漫画まで – デザイン視点で読み解く北斎の至宝」発売記念トークイベント

リエゾンセンター・ライブラリーは、東京ミッドタウン・デザインハブ内にオープンした不定期のデザインライブラリーです。

今回は、映画「HOKUSAI」も公開間近、現代でも国内外から人気の高い浮世絵師・葛飾北斎の作品をデザインの視点から読み解いた書籍「北斎のデザイン 冨嶽三十六景から北斎漫画まで – デザイン視点で読み解く北斎の至宝」を取り上げます。

 

 

著者のクリエイティブ・ディレクター&デザインコンサルタントの戸田吉彦氏を講師に迎え、北斎の国際的な評価や、作品から見る北斎のデザインそして、北斎はなぜデザインの粋を極めることができたのか?などお話いただきます。

 

【書籍紹介】

北斎のデザイン
冨嶽三十六景から北斎漫画まで
デザイン視点で読み解く北斎の至宝
翔泳社|2021年3月24日発売
2,000 円+税 ※A5/フルカラー/224ページ

デザインは北斎に学べ。
現代において北斎の人気は衰えるどころか、ますます大きくなるばかりです。なぜ、ここまで北斎が人気なのか。そしてなぜ、時代を経ても変わらない魅力が北斎作品にあるのか。本書では、その魅力の一つとして、北斎作品にあるデザイン性の高さに注目しました。
日本美術史における葛飾北斎は幾度となく語られてきましたし、その研究も膨大なものがありますが、本書ではあえて、日本美術史における北斎ではなく、現代のビジュアル・デザインの観点から北斎作品をみていきます。
一読して、モダン・デザインや近現代絵画との共通点までみてとれ、きっと新しい北斎を発見することができるはずです。

【開催概要】

日時:2021年5月25日(火) 19:30-21:00

実施方法:オンライン配信(YouTubeLive)

参加費:無料

お申し込みはこちら

【講師】

戸田吉彦(よしだよしひこ)
1952年生まれ。クリエイティブ・ディレクター&デザインコンサルタント。多摩美術大学卒。
(株)日本デザインセンター、Hijikata Creative Unite 、(株)原宿デザイニング、(学)東京デザイン専門学校に勤務し、企画制作部長、ビジュアルデザイン科長、社会活動推進室長、学校長補佐等を兼任経験後退職。
現在、日本自動車会議所シニアアドバイザー、日本美術アカデミー理事、Eternal Glance Co., Ltd. 代表。
2019年第1回国際北斎学会 in Tokyo 開催事務局長として国内外の北斎研究発表の準備と進行を行う。