昭和大学 x 多摩美術大学 テキスタイルデザイン専攻 「医術と美術 – テキスタイルを通じたデザインと医療現場の対話 – 」


多摩美術大学 TUBにて、6月26日より、第3回企画展「医術と美術 – テキスタイルを通じたデザインと医療現場の対話 – 」を開催します。
昭和大学と多摩美術大学は、2016年10月に包括提携協定を締結して以来、積極的な連携活動を行っています。その一環として、テキスタイルデザイン専攻では昭和大学江東豊洲病院外来待合スペースへの作品展示を行っています。その取り組みはテキスタイルにできることを考え、社会とどのように関わっていくかを実践的に学ぶ貴重な機会となっています。人とテキスタイルの関わりを探求した成果発表作品展示を行います。テキスタイルの可能性を是非ご高覧ください。

会 期:2021年6月26日(土)- 7月10日(土) 日曜定休
会 場:多摩美術大学 TUB  東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F(デザインハブ内)
時 間:11:00-18:00 入場無料
主 催:多摩美術大学テキスタイルデザイン研究室
協 力:昭和大学
企画問い合わせ先:多摩美術大学テキスタイルデザイン研究室
電 話:042-679-5625
E-mail:tx@tamabi.ac.jp

<関連イベント「 医療現場におけるテキスタイルの可能性 」開催決定>
2021年7月2日(金) 16:30 – 18:00
本学客員教授鈴木マサル氏による講演会の中継を、TUBにてご覧頂けます。
参加方法は、決まり次第このページにてご案内します。