Dialogue by Designship with GOOD DESIGN AWARD #01 「デザインの現在地、そして展望」

【「Dialogue by Designship with GOOD DESIGN AWARD」とは】
身近な話題やこれからの産業を「デザイン」の視点から考え、その可能性を探るトーク番組です。
実際の制作事例などを交えたトークをお届けし、デザインに関する学びやナレッジを継承する取り組みになればと考えています。
https://dialogue.design-ship.jp

 

【#01「デザインの現在地、そして展望」】
デザインの現在地とその展望について、これまでの社会とデザインの変遷、グッドデザイン賞のテーマなどを参照しディスカッションしていただきます。

 

【こんな方にオススメ】

デジタル・グラフィック・プロダクトなど様々な業界のデザイン秘話を聞きたい方
デザイナー、デザイナー志望の方、デザインに興味のある方

 

【デザインシップとは】

デザインシップは、産業においてデザインの対象範囲や役割が拡張しかつてないほどに重要視される世の流れに沿って、現在だけではなく次世代においてあるべきデザイン人材像を構想し、示し、その目標までの道のりを支え、もって国民の創造性向上に寄与することを目的とし、その目的に資するためカンファレンス事業、教育事業を行っています。
カンファレンス事業: https://design-ship.jp/
教育事業: https://do.design-ship.jp/

 

【グッドデザイン賞とは】

グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は50,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。
https://www.g-mark.org/

 

【開催概要】

日時:2021年6月28日(月)19:00-20:00

開催形式 : オンライン配信

対象者 : デザイナー、デザイナー志望の方、デザインに興味のある方

主催 : 一般社団法人デザインシップ

お申し込みはこちら

 

【登壇者プロフィール】

安次富 隆
2021年度グッドデザイン賞 審査委員長 プロダクトデザイナー/有限会社ザートデザイン 取締役社長
ソニー株式会社デザインセンターを経て、1991年に有限会社ザートデザインを設立。2008年より多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン教授。情報機器や家電製品などのエレクトロニクス商品のデザイン開発、地場産業開発、デザイン教育などの総合的なデザインアプローチを行っている。

菊地 拓哉
経済産業省 デザイン政策室長補佐
経産省のデザイン政策企画担当。同省特許庁にて意匠の審査やデザイナー向け知財教材の開発、デザイン思考による行政サービス改善プロジェクトなどに従事した後、2018年から現職。デザイン経営の普及啓発、高度デザイン人材やサービスデザインに関する調査のほか、地域のデザインプロデューサー育成支援などに携わる。

広野 萌
一般社団法人デザインシップ 代表理事
ヤフー株式会社にて新規事業企画やモバイルアプリのUX推進を手掛けたのち、2015年に株式会社FOLIOを共同創業。CDO(最高デザイン責任者)兼プロダクトマネージャーとしてオンライン証券を立ち上げる。2018年に一般社団法人デザインシップを設立し、カンファレンスやデザインスクールなどの事業を運営。2021年に株式会社フォルテを設立し、規制産業からエンタメ産業まで幅広く新規事業のデジタルプロダクト開発を支援。2021年より内閣官房IT総合戦略室。