Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2021 オンラインカンファレンス Day1
Creators’ Talk 豊田啓介氏 × 鈴木啓太氏 × 大日本タイポ組合

東京ミッドタウン・デザイン部では、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2021とのコラボレーション企画として、ライブ配信によるオンライントークを実施します。

 

 

今年の芝生広場での展示企画「Unnamed – 視点を変えて見るデザイン」で参加する建築・デザイン事務所noizの豊田啓介氏、ミッドタウン・ガーデンで「ウラファベット」を展開する大日本タイポ組合の秀親氏と塚田哲也氏、さらにアトリウムで開催される「未来をひらく窓ーGaudi Meets 3D Printing」のクリエイティブディレクターを務める鈴木啓太氏をゲストにお招きし、展示について、製作におけるバックストーリーや裏テーマなどについてお聞きします。

【開催概要】

日時:10月26日(火) 19:00-20:30
参加方法:Youtube Liveによるオンライン配信/視聴無料

ゲスト:
豊田 啓介氏 (東京大学生産技術研究所特任教授、noiz、gluon)
秀親氏(大日本タイポ組合)
塚田哲也氏(大日本タイポ組合)
鈴木啓太氏(プロダクトデザイナー/クリエイティブディレクター・PRODUCTDESIGNCENTER 代表)

お申し込みはこちら

【ゲストプロフィール】

豊田啓介氏
1972年、千葉県出身。96年、東京大学工学部建築学科卒業。96-00年、安藤忠雄建築研究所を経て、02年コロンビア大学建築学部修士課程(AAD)修了。02-06年、SHoP Architects(ニューヨーク)を経て、2007年より東京と台北をベースに建築デザイン事務所noizを蔡佳萱と設立(2016年より酒井康介が加わる)。2020年、ワルシャワ(ヨーロッパ)事務所設立。コンピューテーショナルデザインを積極的に取り入れた設計・製作・研究・コンサルティング等の活動を、建築からプロダクト、都市、ファッションなど、多分野横断型で展開している。
2025年大阪・関西国際博覧会 誘致会場計画アドバイザー(2017年~2018年)。建築情報学会副会長(2020年~)。大阪コモングラウンド・リビングラボ アドバイザー(2020年〜)。 2021年より東京大学生産技術研究所特任教授。

秀親氏・塚田哲也氏
大日本タイポ組合
1993年、秀親と塚田哲也で結成。日本語やアルファ ベ ット な ど の 文 字 を 解 体 し 、 組 合 せ 、 再 構 築 す る こ と によって、新しい文字の概念を探る、実験的タイポグラ フィ集 団 。 ロ ンドン 、 東 京 で の 個 展 、 バ ル セ ロ ナ や 東 京での企画展に参加。作品集『TYPE CARD PLAY BOOK』(2003)、『もじかけえほん かな?』(2020)。


鈴木啓太氏
PRODUCTDESIGNCENTER
プロダクトデザイナー、クリエイティブディレクター。PRODUCTDESIGNCENTER代表。森林活用、都市環境、伝統工芸、3Dプリンティングなど幅広い分野に精通。美意識と機能性を融合させたデザインで、国内外でプランニングからエンジニアリングまでを手がける。
2008年「TOKYOMIDTOWNAWARD」受賞者。