TOKYO MIDTOWN AWARD x 多摩美術大学 TUB トーク「ひろがるデザイン」


多摩美術大学 TUBでは、6月16 日(木)、TOKYO MIDTOWN AWARD x 多摩美術大学 TUB トーク「ひろがるデザイン」を開催します。今年で15回目の開催となる、東京ミッドタウン主催のデザイン・アートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD」と「多摩美術大学 TUB」とのコラボレーションによる、特別トークイベントです。

デザインが急速に社会へ浸透し、ソーシャルデザイン、サービスデザインのように、様々なかたちでデザインが広がってきています。本イベントには、2008年デザインコンペの受賞者の鈴木啓太氏(プロダクトデザイナー・クリエイティブディレクター)と多摩美術大学プロダクトデザイン専攻の和田達也教授が登壇し、「ひろがるデザイン」をテーマにトークを行います。
社会とデザインについて、モノやコトのデザインについてなど、様々な切り口でデザインのお話を伺いながら、今年のデザインコンペのテーマである「TRIP」にまつわる登壇者のエピソードも伺うことで、新しいデザインのアイデアが生まれる機会となるかもしれません。
益々領域をひろげるデザインについて知りたい方、TOKYO MIDTOWN AWARDデザインコンペにエントリーを考えている方、デザインのことに詳しくはないけれど興味のある方、コンペ受賞者の現在の活動について知りたい方など、幅広くデザインに関心のある方の参加をお待ちしています。

日 時:2022年6月16日(木) 19:00-20:00
会 場:多摩美術大学 TUB(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F デザインハブ内)
参加方法:収録会場での観覧(要予約)または、オンライン視聴(予約不要)があります。
参加料:無料
人 数:15名(予約制)
会場での観覧予約:Peatixページよりお申込みください。
オンライン視聴:https://www.youtube.com/watch?v=FjpLQI4TpLw

登壇者:
鈴木啓太 (プロダクトデザイナー、Tokyo Midtown Award 2008 デザインコンペ受賞者)
和田達也 (多摩美術大学プロダクトデザイン専攻 教授)
井上ルミ子(TOKYO MIDTOWN AWARDプロジェクトディレクター)

プロフィール
鈴木啓太(プロダクトデザイナー、クリエイティブディレクター)
1982年生まれ、多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。PRODUCT DESIGN CENTER代表。古美術収集家の祖父の影響で、幼少より人が織りなす文化や歴史に興味を持つ。森林活用から都市環境、伝統工芸から3Dプリンティングなどのアディティブ・マニュファクチャリングまで、幅広い分野に精通。美意識と機能性を融合させたデザインで、国内外でプランニングからエンジニアリングまでを手掛ける。2008年「TOKYO MIDTOWN AWARD」受賞、2019年「相模鉄道20000系」が「ローレル賞2019」受賞、2020年「ELLE DECOR Young Japanese Design Talent」受賞等。2015-2017年グッドデザイン賞 最年少審査委員。
PRODUCT DESIGN CENTER https://productdesigncenter.jp

申込みはこちら