多摩美術大学 TUB「すてるデザイン勉強会 vol.02 SDGsの本質とすて方のデザイン」


多摩美術大学 TUBでは、2021年8月18日(水)に、共創プロジェクトすてるデザイン研究プログラムとして、「すてるデザイン勉強会 vol.02 SDGsの本質とすて方のデザイン」を開催いたします。

企業の産業廃棄物に新しい価値や意味を与える
美大によるサーキュラーエコノミーに向けた新しい取り組み

多摩美術大学は2021年5月、株式会社モノファクトリーをハブにしながら、伊藤忠リーテイルリンク株式会社、株式会社ナカダイ、ブックオフコーポレーション株式会社、プラス株式会社をはじめとする計5つの企業と協働し、循環型社会に向けた共創プロジェクト「すてるデザイン」を立ち上げました。TUBが活動のテーマとして掲げる「オープンイノベーション」の第一弾として、複数の企業と連携しながら社会課題解決型のプロジェクトに臨んでいます。
プロジェクトの概要はこちらよりご覧いただけます。

本勉強会は、「すてるデザイン」に取り組む上で必要となる学びを深めるため、ゲストの方をお招きして、さまざまな視座から「すてる」を知り、学び、考える機会です。

第2回目は、横田 浩一氏(横田アソシエイツ代表取締役/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授)をお招きして開催いたします。
プロジェクトに関心を持っていただける方々にも無料でご参加いただけるレクチャーです。

開催概要
日時
2021年8月18日(水) 17:00〜18:30

形式
オンライン(Zoomウェビナー)
参加無料

登壇

横田 浩一 氏
横田アソシエイツ代表取締役/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授
日本経済新聞社を経て2011年横田アソシエイツを設立。SDGs、ESG等企業経営のコンサルタント。大学生と共に中高生のSDGs教育やキャリア教育に取り組む。一般社団法人アンカー代表理事。岩手県釜石市地方創生アドバイザー、日経ソーシャルビジネスコンテストアドバイザリーボード。共著に『SDGsの本質』『ソーシャル・インパクト』等。現在朝日新聞デジタルSDGsACTION!に「ビジネスパーソンのためのSDGs講座」を連載中。

主催
多摩美術大学 TUB

協賛
株式会社モノファクトリー