エスリンガー氏来日記念「Hartmut Esslinger×榮久庵憲司」開催!!

ハートムート・エスリンガー氏と言われて、まず頭に思い浮かぶのは「Apple II」ではないでしょうか。Home Computerというジャンルを生み出したと言っても過言ではない本機は、その後のMacintoshに大きな影響を与えたといえるでしょう。他にもWega-Radioのテレビやソニーのトリニトロンテレビを頭に思い浮かべた人もいるかもしれません。
ドイツのfrogdesignでインダストリアルデザインの新たな基盤を築いたともいえるエスリンガー氏。実はこの9月に来日いたします。今回、その来日を記念し、GKデザイングループご協力のもと、なんと!!栄久庵憲司氏とのトークを開催することが決定いたしました。

 

 

「ハートムート・エスリンガー × 栄久庵憲司 トークセッション」

 

それだけでも十分ですが、なんとエスリンガー氏から提案されたテーマは「Open Source Design」。プロダクトデザインというイメージの強いエスリンガー氏から、よもやそのような言葉が出てくるとは思いもしませんでした。どうやら、エスリンガー氏が教鞭を執っているUNIVERSITY of APPLIED ARTS, VIENNAの修士学生へのテーマが「collaborative design without “limitation” by patents or copyrights」、つまり「Open Source Design」だったそうです。一方、説明するまでもなく、栄久庵憲司氏は日本のインダストリアルデザインのパイオニアです。半世紀を超えての国際的な活躍の経験から、あらためて日本のデザインの未来を今、語ってもらえるのではないでしょうか。

 

これはデザインのパラダイムシフトを意味するのか?
それともデザインの先端的な試みなのか?
果たして、このお二人から導き出される「次なるデザイン」の答えとは一体何なのか?

 

エスリンガー氏から受けた予想外の提案に、興奮と期待が高まります。コーディネーターには、かつてfrogdesignでデザインディレクターを務めていた株式会社オープンハウスの益田文和氏をお招きいたしました。事務局ですらどうなるか予測がつかないこのイベント。きっと何かが起こります。

 

その真相はきっとこの会で解る事でしょう。
皆さん、是非とも会場でお会いしましょう。

エスリンガー氏来日記念「Hartmut Esslinger×榮久庵憲司 トークセッション」

テーマ
「Open Source Design」
日時
2008年9月11日 18:00~20:00
スピーカー
Hartmut Esslinger(UNIVERSITY of APPLIED ARTS, VIENNA 教授)
榮久庵憲司(株式会社GKデザイン機構 代表取締役会長)
コーディネーター
益田文和(株式会社オープンハウス 代表取締役)
会場
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
参加
無料