インターナショナル・デザイン・シンポジウム

インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター開設を記念し、「デザイン先進企業と研究機関との新しい連携と国際的なデザイン人材育成のあり方」をテーマとした国際シンポジウムを開催します。

 

 

概要

インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター開設を記念し、「デザイン先進企業と研究機関との新しい連携と国際的なデザイン人材育成のあり方」をテーマとした国際シンポジウムを開催します。国際的に高い評価を得ている6つの同センター参加研究教育機関の教授陣をお招きし、各機関における企業との連携研究・教育事例を紹介いただきながら、国際的なデザイン人材育成のあり方を考えます。

デザインは日々進化を続けています。企業のデザイン部門担当者や人材育成担当者、デザイン教育者や研究者、学生など、デザインを志す様々な人にとって、デザインをあらためて見つめ直す良い機会になると思いますので、この機会に最先端のデザイン概念を通して、デザインのあり方を考えてみてはいかがでしょうか?皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日程/時間:2007年6月13日・14日 / 開始:13:00 終了:18:00

 

6月13日

13:00 – 13:05 開会挨拶
13:05 – 13:30 議題発表「デザインのパラダイムシフトと人材育成(予定)」
13:30 – 15:30 議題に対する各機関の事例紹介

・産学連携の事例紹介
・どんなデザイン教育を行っているか?
・どんな人材を育てているのか?…など

15:30 – 16:00 コーヒーブレイク
16:00 – 18:00 パネルディスカッション

「国際的なデザインの人材育成(予定)」
パネラー
参加研究機関6校教授陣
コーディネーター
吉田順一教授(北海道大学 社会・経済科学博士)
 

18:30 –  懇親会(会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター)

 

6月14日

13:00 – 14:00 センター参加機関による模擬授業-その1-
14:00 – 14:20 コーヒーブレイク
14:20 – 15:20 センター参加機関による模擬授業-その2-
15:20 – 16:00 コーヒーブレイク
16:00 – 17:40 パネルディスカッション 

「産業的視点から考えた国際化とデザインの人材育成(予定)」
パネラー(50音順)
植松豊行(松下電器産業株式会社 上席審議役)
大澤隆男(株式会社日立製作所 デザイン本部長)
加藤公敬(富士通株式会社 総合デザインセンター所長)
酒井正明(キヤノン株式会社 総合デザインセンター所長)
永木康人(日本電気株式会社 宣伝部デザイングループマネージャー)
御園秀一(株式会社テクノアートリサーチ 取締役社長)
コーディネーター
吉田順一教授(北海道大学 社会・経済科学博士)

17:40 – 18:00 総括

スピーカー
青木史郎(財団法人日本産業デザイン振興会 常任理事)
吉田順一教授(北海道大学 社会・経済科学博士)
 

場所:ミッドタウンタワー4F カンファレンスホール Room1~4

定員:120名

参加研究教育機関:

デルフト工科大学インダストリアルデザインエンジニアリング学部 (オランダ)
ヘルシンキ芸術デザイン大学 (フィンランド)
イリノイ工科大学 インスティテュートオブデザイン(米国)
プラットインスティテュート(米国)
清華大学美術学院(中国)
ツォルフェライン・スクール・オブ・マネジメント・アンド・デザイン(ドイツ)

通訳:同時通訳