鈴木康広(アーティスト) X 狩野佑真(studio yumakano)
デザインバトンズ トークイベント

チラシ入稿0306_表

東京ミッドタウン・デザインハブ第45回企画展「デザインバトンズ 〜未来のデザインをおもしろくする人たち〜」の関連イベント(登壇者:鈴木康広(アーティスト) X 狩野佑真(studio yumakano))が4月26日(土)に開催されます。

イベント概要:
タイトル:デザインバトンズ トークイベント: 鈴木康広(アーティスト) X 狩野佑真(studio yumakano)
日時:2014年4月26日(土) 18:30より(18:00受付開始)
場所:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター (東京ミッドタウン・デザインハブ内)
登壇者:鈴木康広 / 狩野佑真
参加費:無料
定員:100名

 

登壇者プロフィール:

鈴木康広
アーティスト
1979 年浜松市生まれ。2001 年東京造形大学デザイン学科卒業。2013 年より武蔵野美術大学空間演出デザイン学
科専任講師。映像インスタレーション作品『遊具の透視法』(2001)がNHK デジタル・スタジアムで年間のグラン
プリを受賞。『まばたきの葉』(2003)、『空気の人』(2007)、『ファスナーの船』(2010)など、美術館のみならず
公共空間へ展開する創作を続けている。2011 年、浜松市教育文化奨励賞「浜松ゆかりの芸術家」を受賞。

狩野佑真(studio yumakano)
デザイナー
1988年栃木県生まれ。東京造形大学を卒業後、アーティスト鈴木康広氏のアシスタントを経て2012年春に自らのデザイン事務所「studio yumakano」を設立。江戸末期から続く造船所内にアトリエを構え、「日常」「感情」「機能」とは何かを常に問い、プロダクトデザインを中心にインテリアや建築、アート、インスタレーションなど様々なプロジェクトを行う。
何気ない日常の中に潜む普遍的な事象に新たな気づきや価値を与え、半歩先の未来をそっと示すデザインを目指す。人の感情を動かすことは大切な「機能」である。

チケットはこちら(申込み先着順)

展覧会「デザインバトンズ 〜未来のデザインをおもしろくする人たち〜」

 

<ダイジェスト映像>

鈴木康広氏
(動画の公開は終了いたしました。ご視聴ありがとうございました)

狩野佑真氏
(動画の公開は終了いたしました。ご視聴ありがとうございました)