東京ミッドタウン・デザインハブ第43回企画展
これからの「くらし」、これからの「かたち」―クラフトとデザインの総合と未来形

東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関 : 公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ)では、11月20日から12月25日までの期間、第43回企画展となる『これからの「くらし」、これからの「かたち」―クラフトとデザインの総合と未来形』を開催します。

本企画展は、「ものづくり」の重要性や未来の可能性を考察することをテーマに開催されます。今、私たちを取り巻くさまざまな社会状況の変化が「ものづくり」に影響を与えている中、「ものづくり」の本質について考える機会を提供することが狙いです。会期中は、約150の展示だけでなく、デザイナーや編集者、武蔵野美術大学の教員などによるトークイベントも予定しており、「ものづくり」に対する考察をより深いものへと導きます。

<武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科>
本企画展の核となる武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科は、インダストリアルデザイン、インテリアデザイン、クラフトデザインの3つの領域からなる学科で、産業デザイン科として設立された1959年当時としては、新しいタイプのデザイナー養成教育機関として発足しました。工芸の世界を広く解釈して産業的な側面を考慮し、現代生活の中に活用できるものづくりを基軸にしたデザイン活動を展開しており、今回の取り組みにおいても、柔軟で斬新なデザインを世の中に送り出していくことを目標にしています。

●展示概要

タイトル:東京ミッドタウン・デザインハブ第43回企画展『これからの「くらし」、これからの「かたち」―クラフトとデザインの総合と未来形』

会 期:2013年11月20日(水)-12月25日(水)[11月24日(日)休館日]

開館時間:11:00-19:00

会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー5F)

入場料:無料

主 催:東京ミッドタウン・デザインハブ

企画・運営:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科
武蔵野美術大学 芸術文化学科

●トークイベント
「ライフスタイルとものづくり」
日時:11月29日(金) 18:30 – 20:00
登壇者:株式会社自遊人代表  岩佐 十良
プロダクトデザイナー 山田 佳一郎
プロダクトデザイナー 高瀬 季里子
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科教授 西川 聡
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
参加費:無料
詳細・申込みはこちら

「インハウスデザイナーが語る 思考/視点/体験の広がり」
日時:12月13日(金) 18:30 – 20:00
登壇者:ダイハツ工業株式会社 上級執行役員 河津 雅彦
株式会社川島織物セルコン 商品開発部 兼 川島美術織物研究所主任デザイナー 本田 純子
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科教授 稲田 真一
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
参加費:無料
詳細・申込みはこちら

「大学と社会をつなぐものづくり コンペティションと産学連携」
日時:12月20日(金) 18:30 – 20:00
登壇者:アッシュコンセプト代表取締役 名児耶 秀美
日経デザイン編集長 下川 一哉
AXIS編集長 石橋 勝利
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科教授 中原 俊三郎
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
参加費:無料
詳細・申込みはこちら

●お問い合わせ
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
107-6205  東京都港区赤坂9-7-1  ミッドタウン・タワー5F
Tel. 03-3470-7221 Fax. 03-33470-7225 info@designhub.jp

*学校等、団体単位でのご観覧について
学校・クラス等の単位で観覧を希望される場合は、事前にご連絡ください。ご要望により担当者による解説もいたします。上記メールアドレスへ「学校または団体名」「ご希望の日時(複数候補)」「観覧人数」「代表者または引率者のお名前」「ご連絡先」「展覧会および武蔵野美術大学の概要説明の希望の有無」をご記載ください。折り返しご連絡いたします。